美容オイル

〔COLUMN〕敏感肌・乾燥肌のための積極的な亜麻仁油の摂り方とは?

image肌質改善をしたいと思っている乾燥肌・敏感肌の人にとって、日々の食事も大切なケアのひとつです。

今回は、“食べる美容液”ともいわれている「亜麻仁油(アマニユ)」をご紹介。
その美肌作用を知り、毎日の生活に取り入れてみましょう!

亜麻仁油とは

「亜麻(アマ)」という植物の種子からとれる油。
感じ方はそれぞれですが、少し臭みやクセがあります。

高い美肌パワー

亜麻仁油の魅力は、なんといっても「α-リノレン酸(=オメガ3)」を豊富に含むこと!
これは、体内で合成することができない「必須脂肪酸」で、美肌を作るためには不可欠の栄養素と言われています。

\α-リノレン酸(=オメガ3)の効果/

・皮脂量をコントロールし、乾燥肌やオイリー肌を改善する。
・肌にハリ出て、シワが目立ちにくくなる。
・皮膚からの水分蒸発を防ぐことで、なめらか肌に。

\さらにはアレルギー体質の改善まで/

α-リノレン酸には、美肌作用だけでなく、炎症を抑える作用があると言われています。
そのため、アトピー性皮膚炎や花粉症、鼻炎などの改善にも期待ができるでしょう。

もちろん薬での対処が最も効果的ですが、亜麻仁油は副作用もなく安心して取り入れられるので、試してみる価値はありそうです。
95c39f5525d66d932f56ec075481cc33_s[1]

亜麻仁油を選ぶポイント

種類がたくさんあって迷ってしまう人は、以下の点に注意して選びましょう。

・体への負担が少ないオーガニックなもの。
・油の劣化を防ぐ低温圧搾がされているもの。
・紫外線などで酸化させない遮光ビン入りのもの。

購入したら・・

「選ぶポイント」にもあるように、亜麻仁油はとても酸化しやすくナイーブなオイル。
まず第一に、加熱厳禁!加熱すると美肌パワーがほぼなくなってしまいます。

また、開封後は冷蔵庫で保存し、2か月以内に使い切るようにしてください。
加熱や保存により酸化してしまったオイルは、身体にも良いとは言えません。
image

亜麻仁油の摂り方

亜麻仁油の1日の摂取量は、大さじ1杯程度と言われています。
普段の食事にちょい足しして、色々なバリエーションを楽しみましょう。

\そのまま飲む/

1番手っ取り早い方法ですが、そのままだと少し飲みづらいという意見も・・

\料理にかけて/

冷奴や納豆に、直接かけてみましょう。温かい食べ物の場合は食べる直前に。
キムチにかけると辛味が抑えられ、まろやかになるそうです。

\ドレッシングやタレとして/

普段オリーブオイルで作っているドレッシングも、亜麻仁油に替えるとまた違った風味を楽しめます。
合わせるものはポン酢や、麺つゆ、クレイジーソルトなどがオススメ。

また、ギョーザや焼き肉のタレに混ぜ合わせてみるのもいいですね。
0604b621bea71313fd3bad2f65b55ca2_s[1]

まとめ

亜麻仁油の魅力がお分かりいただけたでしょうか?

昔は、「油 = 太る」というイメージでしたが、今では良質な油は、むしろ積極的に摂るべきと言われるようになりました。

選び方や摂り方に注意さえすれば、亜麻仁油も悩み肌には大きな味方!上手く取り入れて、乾燥や刺激に負けない美肌を目指しましょう。