〔COLUMN〕敏感肌・乾燥肌のためのスキンケア用語集

  • 乾燥肌

pic

インナードライとは

女性の約8割以上がインナードライ肌?

肌表面は、テカるほど皮脂が分泌されているのに、肌内部は乾燥している状態。
この水分不足が原因で、ターンオーバーが正常に行われず、シワ、たるみ、しみ、くすみなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

女性の約8割以上が、このインナードライ肌の疑いがあると言われています。


#インナードライの症状

・入念に洗顔をしているのに、肌がテカったり、ニキビができる
・キメが荒く、毛穴が目立つ
・かさつきやゴワつきを感じる
・皮脂が出ているのに肌がつっぱる
・しっかりケアをしても乾燥する
・化粧がのらない
・肌の状態が安定しない


#インナードライが起こる原因

過剰な皮脂除去のケアを行なうと、インナードライ肌は悪化

インナードライ肌の主な原因は、乾燥。
乾燥することにより肌が外部の刺激に弱くなり、「もっと脂を出して肌を保護しなければ!」という働きが活発化。肌は、よりたくさんの皮脂を分泌しようとします。

そのため、「自分は脂性肌なのかも!」と勘違いすることに。過剰な皮脂除去のケアを行なうと、インナードライ肌は悪化してしまいます。


#インナードライの対策

皮脂対策ではなく、乾燥対策をする

皮脂をあぶらとり紙やティッシュで拭き取ったり、念入りに洗顔をすると、肌の乾燥を促進してしまいます。それどころか、摩擦や擦過で肌を傷める事になり兼ねません。

このような皮脂対策を中止し、化粧水はアルコールフリーのものを使用、セラミドやヒアルロン酸など保湿力の高い保湿剤を使用する、などの乾燥対策を行いましょう。

肌へのダメージを抑え、水分をチャージ

外出時には紫外線対策をするなど、肌のダメージに繋がる外的刺激を防ぎましょう。

また、洗顔は適度に。その後は、しっかりと水分を与えましょう。うるおいを逃さないよう乳液やオイルで蓋をすることも重要です。

天然保湿因子(NMF)とは

角質細胞内にある、水分を保持する働き

NMFとは、角質細胞内にある、水分を保持する働きをする天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor)のことをいいます。
空気中の水分や、真皮からの水分を吸湿し、肌に潤いを与える働きをします。

#NMFの減少

肌は水分を保つことができず、水分を与えても潤いにくいドライスキンに

人の身体は、ターンオーバーにより一定量のNMFを作ります。
そのため、肌の生まれ変わりがスムーズに行われていれば、NMFが一定量あり、肌が常に潤った状態を保つことができるのです。

しかし、加齢や睡眠不足、疲れ、栄養不足などでターンオーバーが乱れると、本来なら剥がれ落ちていくはずの古い角質が肌表面にたまってしまい、NMFが肌表面にたどりつかない、NMFの生成自体がされなくなる、という状態に・・・。
この状態では、肌は水分を保つことができず、水分を与えても潤いにくいドライスキンに傾きます。


#NMFを保つには

生成されたNMFの流出を避け、NMFが正しく作用するために、以下の点に気を付けましょう。

・過度な洗顔や肌への摩擦になるケアを避ける
・肌にあったスキンケアで角質層を整える
・肌の生まれ変わりを正常に保つため、生活のリズムを整える
・バランスのいい食事を心がける 
・適度な運動とストレスの少ない生活を送る

肌のバリア機能とは

うるおいを蓄え、乾燥や外部刺激から肌を守る役割

肌表面にあるわずか0.02mmの角質層がうるおいを蓄え、乾燥や外部刺激から肌を守る役割のこと言います。
具体的には、角層細胞内の「天然保湿因子(NMF)」が保持する水分と、角層細胞間を埋める「細胞間脂質」による隙間のない構造と、角層表面の「皮脂膜」がバリアの役割を果たしています。

肌のうるおいを保つためには、このバリア機能がすこやかに整っている必要があります。

#バリア機能低下の原因

バリア機能が以下のような原因で低下してしまうと「乾燥性敏感肌」という肌トラブルを引き起こします。

・1日中エアコンのきいた部屋にいて、肌が乾燥している
・肌に合わない化粧品を使っている
・不規則な食生活
・睡眠不足やストレス
・紫外線


#バリア機能低下を防ぐには

洗い過ぎない

洗顔の時、顔をゴシゴシとこすったり、1日に何度も洗顔をすると、バリア機能は損なわれます。
そのため、洗顔料をよく泡立て、その泡でなでるように優しく洗い、しっかりとすすぎましょう。

また、熱いお湯は肌の保湿成分を奪い、乾燥を進行させてしまうため、適温(ぬるま湯)を意識することが大切です。

洗顔後はすぐに保湿をする

洗顔後・入浴後、肌の水分量はどんどん減少していきます。
水分を蒸発させないためにも、出来るだけ早く、しっかりと保湿をしましょう。

紫外線対策

紫外線は、皮膚のバリア機能を低下させ、乾燥を促進させます。
そのため、夏だけでなく1年を通して、しっかり紫外線対策を行いましょう。

正しい生活習慣を送る

睡眠不足や喫煙、偏った食生活は、血液をドロドロにし、血流を悪くします。
結果、栄養が肌にまで行き届かなくなり、セラミドなどの細胞間脂質も減少してしまいます。
そうならないためにも、正しい食生活や睡眠を心掛けましょう。

アレルギー性皮膚炎(アトピー)とは

炎症を伴う皮膚疾患

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる、炎症を伴う皮膚疾患。
主な症状は、「湿疹」と「かゆみ」。良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らないことが特徴です。
一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと、慢性と判断します。


#アトピー性皮膚炎による湿疹の特徴

・赤みがある
・じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる
・ささくれだって皮がむける
・長引くと硬くなって盛り上がる
・左右対称にできることが多い
・おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすい


#アトピー性皮膚炎の原因

もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や、皮膚のバリア機能低下が大きく関係

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が続くアトピー性皮膚炎。

もともと炎症は、外から侵入してきた敵と戦う”免疫反応”によって起こるもの。細菌やウイルスなどから身を守るために、なくてはならないのものです。
しかし、アトピー性皮膚炎になると、この免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうのです。

免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や、皮膚のバリア機能低下が大きく関係します。
また、その他にも、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレスや疲労なども、免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。


#アトピー性皮膚炎の改善を目指すには

しっかり保湿する

アトピーの肌は、そうでない人に比べてバリア機能が低下し、乾燥しやすいという特徴があります。
バリア機能を回復するためにも、しっかりと保湿ケアをすることが重要です。
基本的なスキンケアには、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンを配合した化粧品を選びましょう。

また、炎症がひどく、じくじくしているところには軟膏、そして乾燥しているところにはクリーム類を使う・・・など、肌状態に合ったケアを心がけてください。

こまめな紫外線対策

紫外線は、バリア機能低下の原因となります。すでにバリア機能が万全でないアトピー肌にとっては、さらなる機能低下と肌の乾燥を招くことに。
さらに、日焼けによる炎症物質体が刺激となり、アトピー症状を悪化させたり、皮膚に色素沈着を起こすことも・・。
そのため、1年を通してしっかりと紫外線対策をしましょう。

また、紫外線を浴びてしまった際は、しっかりと患部を冷やし炎症を抑えることが重要。
それでも症状が改善しない場合は、医師の診察を受けましょう。

食事に気をつける

アレルギーを起こしやすい食品(牛乳、タマゴ、ナッツ、チョコレート、魚介類、肉類など)を食べてみて、かゆみ、炎症、湿疹といった反応が出たら、しばらくその食品を避けましょう。

また、添加物や着色料などの人工的な成分は、消化するのに大量のエネルギーを使うことから、日常生活に必要なエネルギーが不足し、免疫力が低下しやすくなります。
すると、アレルギー反応も出やすくなり、症状悪化の原因となることも。インスタント食品などは、特に控えましょう。

積極的に摂取すべき栄養素(ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂質、炭水化物など)をバランスよく含み、脂の量も少ない“和食”を積極的に取り入れることが望ましいです。

ターンオーバーとは

肌の新陳代謝、肌の生まれ変わり

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりのことをいいます。

皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」からできており、さらに「表皮」は、「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」の4層構造になっています。
基底層で新しく生まれた基底細胞は、有棘層(有棘細胞)、顆粒層(顆粒細胞)、角質層(角質細胞)という順で、形を変えながら肌の表面に押し上げられていきます。
14日間かけて角質層まできた細胞は、生命力の無い細胞(垢)となり、自然に剥がれ落ちていくのです。

ターンオーバーの周期は約28日

この1つの細胞の生まれ変わり周期は、おおよそ28日が正常とされており、この周期がもっとも肌をキレイに保つことが出来ます。
しかし、ターンオーバーの周期は年齢により変化。年齢とともに周期も遅れていくと言われています。

<年代別ターンオーバーの目安周期>

・10代  約20日
・20代  約28日
・30代  約40日
・40代  約55日
・50代  約75日
・60代  約100日

加齢により遅れたり乱れてしまったターンオーバーは、意識して整える必要があります。

#ターンオーバーを整えるには

肌の潤いを保つ

洗顔後は化粧水でしっかりと水分補給し、さらに乳液やクリームを使い、水分が肌から蒸発しないようにしましょう。

良質な睡眠を十分にとる

成長ホルモンは、入眠後3〜4時間の内に分泌されると言われています。そのため、しっかり熟睡できるよう夜更かしは避けましょう。

血液の流れを促進する

ウォーキングやジョギングといった適度な運動や、蒸しタオルなどの温感ケアで、血液の流れを促進しましょう。
血流が良くなると肌細胞が活発に働き、肌の代謝もアップしターンオーバーが進みます。

反対に、タバコはニコチンやタールがなどが血流を悪化させ、ターンオーバーの乱れに繋がるため気を付けましょう。

正しい食生活を送る

中でも、海藻やきのこ、緑黄色野菜など食物繊維を多く摂り、卵やレバーなどのコレステロールの多い食べ物を控えると、血流は促進されます。
コレステロールや中性脂肪を減らすため、1日3食、栄養のバランスが整った食事を意識しましょう。

紫外線対策をおこなう

紫外線を浴びすぎると、細胞がいつもより早く修復しようと働き、ターンオーバーの周期を早めてしまいます。
そうならないためにも、外出の際は2〜3時間ごとに日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子などで肌の露出を抑える・・・など、紫外線対策をおこなうことが大切です。

パラペンフリーとは

抗菌性の高さから化粧品や食品、医薬品などの防腐剤として使用される

パラベンは、正式には「パラオキシ安息香酸エステル」といい、その抗菌性の高さから化粧品や食品、医薬品などの防腐剤として使用されています。毒性が比較的低く、皮膚刺激や過敏症なども少ないのが特徴です。

一般的によく用いられるのは、「メチルパラベン」「エチルパラベン」「プロピルパラベン」「イソプロピルパラベン」「ブチルパラベン」です。
1種類のパラベンを使用することもあれば、相乗効果を得るために複数を組み合わせて配合されることもあります。


#パラベンに対する意識

他の防腐剤に比べ、低い含有量でも優れた効果を発揮したり、毒性がほとんど認められないと言われている

パラベンは、使う人の体質により、ごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れがあることから、“パラベンフリー”が選ばれる傾向があります。
しかし、パラベンは他の防腐剤に比べ、低い含有量でも優れた効果を発揮したり、毒性がほとんど認められないと言われています。

パラベン(防腐剤)が含まれていることで、菌の繁殖や酸化を避けられるメリットも

また、日本ではパラベンの使用は1%と定められていますが、ほとんどの市販化粧品において使用量は、0.1~0.5%程度となっています。
「少しでも疑いのある成分を摂らない」というのも肌に対する考えのひとつですが、パラベン(防腐剤)が含まれていることで、菌の繁殖や酸化を避けることができるという意見も。

そのため、しっかりと成分を理解し、自身の肌に合う&安心して使うことが出来る化粧品を選ぶことが大切です。

 

成分ガイド一覧

〔成分ガイド〕乾燥肌向けスキンケアでよく使われている成分

〔成分ガイド〕敏感肌向けスキンケアでよく使われている成分

◆〔COLUMN〕敏感肌・乾燥肌のためのスキンケア用語集