敏感肌・乾燥肌の化粧品を本音でレビュー|リアルコスメ

記事の詳細

picわたしたちが何気なく過ごしている空気中にはさまざまなものが含まれています。
その浮遊物を無防備に受けていると、肌とって大きな悪影響となることも・・。

今回は、多くの人を悩ます”花粉”や“PM2.5”が肌に与える影響と、その対策についてご紹介します。

 

花粉が与える影響

花粉症の症状は、鼻水や目のかゆみだけではありません。
「顔全体がかゆい」「顔が腫れぼったい」「肌が乾燥して粉っぽい」と感じたら、花粉症による肌トラブル『花粉皮膚炎』を起こしている可能性があります。

また花粉症ではない人も要注意!
以下の体質・症状が当てはまる人は肌にとってダメージとなるため、しっかりと花粉対策をおこないましょう。

■ 春先に肌が荒れる、もしくは乾燥する。
■ アレルギー体質、もしくはアトピー性皮膚炎
■ 冷え性
pic

 

PM2.5が与える影響

直径2.5マイクロメートル以下の超微粒子を、総称して「PM2.5」と呼びます。
その主成分は、工場の排煙やディーゼル車の排気ガスに含まれる「すす」と言われています。

そのため、物質自体が人体への悪影響となることは明確。
肌だけでなく身体の健康のためにも、きちんと対策をおこないましょう。
pic

 

なぜ肌にとって刺激になるのか

春先は、「寒暖差」「紫外線量の増加」「アレルギー物質の増加」など、1年を通して外的刺激が多い時期です。
また、新年度(新生活)がスタートすることでストレスが溜まり、ホルモンバランスが乱れがち・・・といった内的要因からも、肌が弱りやすくなっています。

そんなバリア機能が低下している状態に花粉やPM2.5など、体にとっての「異物」が侵入すると、湿疹や肌荒れなどの肌トラブルが起きてしまうのです。

 

花粉やPM2.5から肌を守るには

以下のポイントを意識して、刺激物に負けない肌作りをしましょう。

 

point① 花粉から肌を徹底ガード
外出時はどうしても刺激物が付着してしまいます。
そのためマスクやメガネ・帽子を着用し、出来るかぎり身体につけない対策をしましょう。

とはいえ、PM2.5の粒子の大きさは、“スギ花粉の20分の1”とも言われているため、花粉用のマスクでは不十分です。
より高機能で、ガード力の高い専用マスクを着用しましょう。

また、肌には「ルースパウダー」がオススメ。肌をサラッとさせておくと粒子状物質がつきにくくなります。

 

point② スキンケアで肌に保護膜を作る
肌が敏感になっているこの時期は、スキンケアによる肌づくりが特に重要になります。
「低刺激」「保護(もしくは肌を強くする)力がある」「高保湿」など、これらの条件を満たしているもの選びましょう。

また、何か症状が出てしまう前に敏感肌向けのスキンケアに切り替えておくことも大切です。

 

point③ 刺激物はすぐに落とす
刺激物が肌に触れている時間が長いほど、トラブルが起きたり、悪化しやすくなります。
外出から戻った時は払い落とし、洗顔をし、付着した花粉などの刺激物を少しでも早く落とすことが大切です。

また、洗い流す時は、決してこすったりしないように注意が必要。
弱った肌に刺激を与える上、肌を保護するうるおいや皮脂まで一緒に落としてしまいます。
水(もしくはぬるま湯)や低刺激の洗顔料を使い、しっかりと泡立て優しく洗いましょう。

 

point④ 弱った肌を血行促進
春は、寒暖差や乾燥した空気によって血流が悪くなり、肌が硬くなりがち。
そんな時は血行促進ケアで肌をほぐし、内側からケアしましょう。
「湯船にしっかりつかる」「マッサージ」「蒸しタオルを当てる」などが効果的です。

 

point⑤ 身体の内側から栄養補給
肌が弱っている時こそしっかりと栄養を摂り、肌を内側から強くしましょう。

\肌を守る栄養素/
・ビタミンC:かゆみを抑え肌を保湿、ハリを与える(赤・黄ピーマン、ブロッコリー、アセロラ、キウイ)
・ビタミンE:血行促進、新陳代謝アップ、抗酸化作用(アボカド、大豆、アーモンド、モロヘイヤ)
・セラミド:皮膚を刺激から守り、角質層の水分を保つ(大豆、胚芽米、こんにゃく)
・ビタミンA:新陳代謝アップ、皮膚や粘膜を強くする(卵、緑黄色野菜、チーズ、レバー)
・タンパク質:肌のバリア機能を高める(赤身肉、魚、大豆、卵)
・油脂:肌にうるおいを与える(青魚、ナッツ、卵)
・亜鉛:皮膚炎を防止し、皮膚の代謝、免疫を高める(牡蠣、牛もも肉、豚肉、卵黄、大豆)

 

point⑥ ストレスに負けない肌作り
美肌づくりには“充分な睡眠”が必須!
肌は寝ている間に生まれ変わるので、質の良い睡眠で弱った肌を元気に復活させましょう。
pic

 

まとめ

花粉症やPM2.5などは、もはや春だけでなく、年間通しての肌悩みに繋がる原因に。
普段の生活を改めて見直し、環境に負けない肌づくりをしましょう。kanaco_a

 

もくじ

〔COLUMN〕花粉・PM2.5が与える肌への影響とその対策

〔COLUMN〕花粉対策と併せて一石二鳥。春に試したい“マスク美容”とは?

〔特集〕花粉やPM2.5から守ってくれる!話題のスキンケア

関連記事

orbis_1_3

ranking_title_3 (1)

title_item

iteme_a iteme_b

iteme_c iteme_e

iteme_fiteme_g

iteme_liteme_m

title_nayami

nayami_h nayami_j

nayami_k nayami_i

attenir_2

new_1

spring_table_2

burand_matome_2

brand_1_3

nendai_title

nendai_10_re_2nendai_20_re_2

nendai_30_re_2nendai_40_50_re_2


kakakubetu_1 tensuubetu_1

ページ上部へ戻る