オルビス特集(3)まず取り入れるべき1アイテム!そして、リアルコスメ的“オルビスレシピ”もご紹介。

image

前回の記事「オルビス特集(2)「ORBIS」スキンケアの主力ラインナップ!今の肌悩み・年齢にはどれがベスト?」では、肌悩み・年齢に合わせてオルビスのスキンケアをご紹介しました。

 

今回は、その各シリーズの中でも、実際使ってみて分かった『まず取り入れるべき1アイテム』をピックアップ。
そして、オルビス上級者にもおすすめしたいオルビススキンケアの上手なカスタマイズ法=“オルビスレシピ”をご紹介します。

 

オルビス各シリーズの
まず取り入れるべき1アイテムはこれ!

◇アクアフォースは、みずみずしい
うるおい感の『ローション』を。

image

ローションM(しっとりタイプ)

オルビスのローション(化粧水)を使うなら、まずは売上No.1の『アクアフォース』を体感してみてください。

みずみずしくパシャパシャとした使用感と、うるおいたっぷり&キメが整うような仕上がりに。10代・20代でもリピートしやすい価格帯も魅力です。image

アクアフォースのローションには、オルビス独自の『ピュアアクアエッセンス』というブレンド水が配合されています。
『ピュアアクアエッセンス』は、もともと肌に存在する天然保湿因子「NMF」と同じ構成で、肌を外部刺激から守る役割を果たします。そのため、傾きがちな敏感肌にも◎。

オルビスの王道ローションとも言える、最もシンプル&“うるおい”のみを追究して完成した一品でしょう。image

※なお、ローションや保湿液の『L』『M』表記は、使用感がさっぱりかしっとりかの違いです。”使用感”のみの違いなので、配合成分や機能に違いはありません。好みの使用感で選んでみてください。
(リアルコスメでは、基本的に『M』のしっとりタイプを使っています。) 

 

◇薬用クリアの『ウォッシュ』は、
肌をいたわりながらも毛穴づまりや汚れを落とす。

image

ウォッシュ

周期ニキビや肌あれをケアする『薬用クリア』

薬用クリアの全アイテムに、ニキビ・肌あれを防ぐ成分は配合されているのですが、実は毛穴づまりや汚れを『落とす』という機能を持つのは、こちらの洗顔料のみ。

まずはこちらの洗顔料で、毛穴や皮脂汚れを『落とす』お手入れから始めてみるのもおすすめです。imageimage

このように真っ白でなめらかな洗顔料は、泡立てるとキメ細かい弾力泡に変化します。
『バウンドリッチ処方』で濃密泡が毛穴汚れを優しく取り除き、化粧水の通り道を整える役目を果たします。

 

◇オルビス史上最高のうるおい感!
オルビスユー『ナイトメモリーモイスチャー』で、
寝ている間にハリ&うるおい肌へ。

imageナイトメモリーモイスチャー

年齢肌対策&しっかり保湿を目指すシリーズ『オルビスユー』

まず取り入れて欲しいのは、やはりこちらの『ナイトメモリーモイスチャー』。夜用の保湿液で、化粧水の後に塗布します。
『HSP(ヒートショックプロテイン)含有酵母エキス』と美肌成分が肌に浸透し、夜の間の乾燥から肌を守るだけでなく、翌朝はハリ感の高いモチモチ肌に。

そして、一番の特長は、このテクスチャーの変化。imageimage

ぷるぷるのジェルよりもしっかりとした弾力高いテクスチャー。肌にのせるとほろほろと体温と共に溶け、うるうるとした質感に変わるのです。
このうるうる感が肌に広がる感じ、たまりません!

 

使用時のポイントは、顔を引き上げるように下から上へとフェイスラインに沿って塗ること。『形状記憶』の効果で、ピンとした上向き肌をキープしてくれますよ。

・無油分・無香料・無着色、界面活性剤不使用。
・アルコールフリー、弱酸性。
・「浸透型コラーゲン」、「ハチミツ」配合
など、アンチエイジングスキンケアでありながら、肌への負担軽減が考えられている点も、デイリーに使える贅沢アイテムとしておすすめですね。

 

組み合わせは一通りじゃない!
オルビスユーザーに楽しんで欲しい
オリジナルの“オルビスレシピ”♡

image“オルビスをすでに愛用しているわ”という女子の皆さんにおすすめしたいのが「オルビスレシピ」(※リアルコスメ内で命名しました。笑)。

各シリーズの特長が生かされたアイテムをシリーズにとらわれることなく自分好みに組み合わせ、オリジナルのオルビススキンケアを楽しんでみてはいかがでしょう?

リアルコスメ編集部が試してみて、相性が良いと思った“オルビスレシピ”3種類をご紹介します。

〔レシピ1〕
薬用クリア洗顔
+アクアフォース化粧水・保湿液

image◇うるおいは欲しいけど、毛穴の汚れや
余分な角質はしっかり除去したい女子へ。

ニキビや肌あれまではいかないけど、なんとなく肌がごわつく・・・という時ありませんか?
そんな時は、無理にさっぱりとしたスキンケアへ切り替えるのではなく、まず洗顔料の見直しから始めてみましょう。

この組み合わせは、まず、毛穴づまり汚れやを落とす機能を持つ『薬用クリア』のウォッシュが、肌をいたわりながらリセットし、化粧水の通る道を作ります。
そこにアクアフォースのみずみずしい化粧水&保湿液を投入!バランスの良いつるすべ肌に仕上がりますよ。

image

 

〔レシピ2〕
薬用クリア化粧水orアクアフォース化粧水
+オルビスユー夜用保湿液

image

◇みずみずしさは残したいけど、
本格保湿&エイジングケアも始めたい女子へ。

✔みずみずしい化粧水を使いたいけど、夜はしっかり保湿をしたい!
✔そろそろアンチエイジングを始めたい!
という女子におすすめの組み合わせがこちら。

オルビスユーの化粧水は少しとろみがあるのに対し、アクアフォースと薬用クリアの化粧水はみずみずしい質感。ぱしゃぱしゃと使えます。

みずみずしさだけでは保湿感が物足りない方や、ハリ弾力感を高めたい場合、ここにオルビスユーの夜用保湿液『ナイトメモリーモイスチャー』をプラスするとお悩みが解決!
『ナイトメモリーモイスチャー』はパックに近い質感なので、“スペシャルケア感覚”で贅沢に使ってみてください。image

 

〔レシピ3〕
オルビスユー化粧水
+薬用クリアorアクアフォースの保湿液

image◇エイジングケアは始めたいけど、
さっぱりな仕上がりが好きな女子へ

オルビスユーのとろみ化粧水。
本来ならば、夜のお手入れの場合、『ナイトメモリーモイスチャー』を化粧水の後に使用するわけですが、これまでアクアフォースや薬用クリアのシンプルさに慣れている女子には、少し重い仕上がりと感じることも・・・

そこで、オルビスユーの化粧水の後に、アクアフォースか薬用クリアの軽め感触のみずみずしいジェル保湿液で仕上げるのがおすすめ。
この2シリーズの保湿液であれば朝夜問わず使用できることも、利点でしょう。

image

アクアフォースと薬用クリアの保湿液の質感・仕上がりは、正直似ています。

配合成分や機能として、“周期ニキビ・肌荒れケア”か“うるおいキープ”のどちらに特化しているか、というポイントで選ぶのが良いでしょう。image

 

image

3記事に渡ってお伝えしてきた『オルビス』の主力スキンケアたち。
今の肌にピッタリなアイテムは見つかりましたか?

これから春夏と季節の変わり目に合わせて、スキンケアも見直す時季。是非、参考にしてみてくださいね。

 

〔掲載商品一覧〕

アクアフォース
imageローションM(しっとりタイプ) 180ml/1,496円(税抜)
モイスチャー M(しっとりタイプ) 50g/1,696円(税抜)
マイルドウォッシュ 120g/1,296円(税抜)
ORBIS(オルビス)/公式オンラインショップ・専門店舗
トライアルセット:1,200円(税抜)
→アクアフォース公式サイト

 

薬用クリア
imageローション 180ml/1,500円(税抜)
モイスチャー 50g/1,700円(税抜)
ウォッシュ 120g/1,300円(税抜)
ORBIS(オルビス)/公式オンラインショップ・専門店舗
薬用クリアトライアルセット:1,200円(税抜)
→オルビスクリア公式オンラインショップ

 

オルビスユー
imageモイストアップローション 180ml/2,800円(税抜)
ナイトメモリーモイスチャー 30g/3,000円(税抜)
デイメモリーモイスチャー 30g/2,700円(税抜)
ブライトニングジュレウォッシュ(ジュレ洗顔料) 120g/1,800円(税抜)
ORBIS(オルビス)/公式オンラインショップ・専門店舗
トライアルセット:1,200円(税抜)
→オルビスユー公式オンラインショップ

ORBISのコラム

■カサつき女子たちの強い味方。「ORBIS」ってどんなブランド?

■「ORBIS」スキンケアの主力ラインナップ!今の肌悩み・年齢にはどれがベスト?

■まず取り入れるべき1アイテム!そして、リアルコスメ的“オルビスレシピ”もご紹介。

■〔COLUMN〕夏の毛穴や皮脂トラブルからレスキューしてくれる『ORBIS 薬用クリア』

■〈新発売〉オルビスユー ホワイトシリーズのリアル女子評価

■〔COLUMN〕オルビスユーの“夜用保湿”で、冬の乾燥対策始めませんか?

■〔COLUMN〕この冬、オルビスユーで始める!朝と夜で二通りの保湿ケア。

■〔COLUMN〕今春リニューアルした、ORBISの新・アクアフォース!旧商品との違いは?

■〔COLUMN〕―夏のオルビス― アクアフォースと薬用クリア、どっちを選ぶ?

 

 

asano_a