〔COLUMN〕ミスト化粧水の活用方法を知って、夏のスキンケアに取り入れましょう!

ミスト化粧水の活用法

シュッと霧状で、スプレーするのが気持ち良い「ミスト化粧水」。
ただ、主成分が水や温泉水であまり美容効果の高さは期待できなかったり、うまく使いこなせていない・・・という方も多いのでは?

今回は、ミストウォーター(ミスト化粧水)の活用法についてお伝えします。

01.お風呂上がりにシュシュッと!プレ化粧水代わりに

これはすでに実践している方も多いかもしれませんね。
お子さんが小さい方はお風呂上がりもバタバタでしょうし、特に脱衣所は温度も湿度も高く、すぐに念入りスキンケア!という気にはなれません。ですが、すぐに化粧水をつけないと、肌はどんどん乾いていってしまうことに・・・

そんな時に活躍するのがミストスプレー。シュッとスプレーすることで、手軽に肌の水分補給も、そして火照った肌に爽快感も与えられます。

ひとつ注意してもらいたいのが、ミスト化粧水だけでお手入れを終わらせないこと
ミスト化粧水の場合、霧が細かいほど、主成分は水(または温泉水)です。その場はうるおい満タンに感じても、放っておくとあっという間に水分は蒸発してしまいます。 ※これは、使っているミスト化粧水がうるおい不足なのではなく、そもそもミスト化粧水にうるおいをキープする機能はないと思ってください。

そのため、あくまでプレ化粧水として活用するのがベスト!
ミスト化粧水の後に乳液かクリーム、もしくはミスト化粧水の後に化粧水→乳液・クリームと、機能性の高い主戦力となる化粧水を使ってあげるとより美肌効果は高いです。
お風呂上がりのミスト化粧水は、あくまで“とりあえずの”水分補給と考えましょう。

02.メイク直しにシュシュッとスプレー!乳液かオイルと併せて◎

メイク直しに使っている方も多いかもしれませんね。
ミスト化粧水は手軽に持ち歩けるサイズが多い上に、コットンなど不要なので、そっとポーチに忍ばせておいても◎アロマ効果のあるミスト化粧水なら、出先で一吹きすれば、香りによるリラックスタイムにもなります。

メイク直しの際も、ミスト化粧水単体でお直しするのはあまりおすすめしません。
01.にも書いたように、そのままでは水分が蒸発しやすいからです。 そんな時は、ミスト化粧水+乳液orミスト化粧水+美容オイルの組み合わせを推奨します。乳液よりもオイルの方が持ち歩けるサイズのものが多いかもしれませんので、お気に入りのミニサイズのオイルを1本見つけておきましょう。
ホホバオイル、アルガンオイル、マルラオイル、スクワランオイルなどがおすすめです。

03.旅行先にも1本持っていくと便利!ボディケアにも

メイク直し同様、軽くて持ち歩きやすいミスト化粧水は、旅行のお供にも使いやすいアイテムです。

✔飛行機や車内の乾燥対策に
✔旅先で汗をかいたときのボディケアに
✔海やプール後のスキンケアに
✔温泉の後のササッとプレ化粧水に

普段、大容量のミスト化粧水を使っている方も、旅先には小さめサイズを持っていき、手持ちのカバンに入れておきましょう。

 

このように様々な場面で活躍してくれるミスト化粧水。
水にこだわったものから、アロマ効果のある精油配合のものまで多くのメーカーから発売されていますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

人気のミスト化粧水

#アベンヌウォーター

アベンヌ

アベンヌ ウォーター

300ml/2,200円(税抜)
ピエール ファーブル ジャポン /ドラッグストア

#HANAオーガニック フローラルドロップ

HANA ORGANIC

フローラルドロップ

80ml/3,334円(税抜)
トライアルセット:1,480円(税込)
えそらフォレスト /オンラインショップ

#ユリアージュウォーター

ユリアージュ

ユリアージュ ウォーター

300ml/2,700円(税抜)
佐藤製薬 /専門店舗・ドラッグストア