〔ヘアケア連載〕皮脂や臭いに負けない!夏の頭皮ケア、始めませんか?

―ヘアメイクアップアーティストとしても活躍されているerimiさんのヘアケアコラム。
今回は、夏に気になる頭皮の臭いの原因、その予防方法についてご紹介いただきます。

梅雨時期になると、ジメジメとした蒸し暑さで顔はテカテカに、頭皮も汗をかいて、「もしかして臭っているかも?」と気になったことはありませんか?
自分では気づかないこともあるので、頭皮の臭いや汗、女子としては未然に防ぎたいものですよね。

今回は、頭皮の皮脂や臭い、汗ケアについてご紹介します。

頭皮が臭う原因とは?

頭皮が臭う原因は、主に「皮脂」。
皮脂が酸化して悪臭をはなったり、皮脂や角質をエサに雑菌が繁殖することが頭皮の臭いの原因といえます。

こんなことも、皮脂トラブルの原因に?
ヘアケアや生活週間を見直してみましょう

✔洗浄力の強いシャンプー

洗浄力の強いシャンプーを使っていませんか?洗浄力の強いシャンプーは皮脂を取ってくれますが、とりすぎて乾燥を引き起こすことも。そして、頭皮が皮脂を過剰に分泌するという、悪循環になっているかもしれません。

✔脂質・糖質など、食事にも要注意

脂っぽいモノ、糖質の多いモノをよく摂っていると皮脂の分泌が多くなることもあると言われています。脂っぽいモノを取りすぎると顔にもニキビができたりしますが、頭皮は顔よりも皮脂腺が多いため、特に皮脂が多くなりがちな環境です。

✔不規則な生活

睡眠不足や、ストレス、運動不足、肩こりなど、皮脂が過剰分泌される原因は、生活習慣にもあるとされています。皮脂の過剰分泌は、ほかにもフケや乾燥など、様々な頭皮トラブルの原因になると考えられています。

頭皮の皮脂や臭いに
おすすめのケア

次に、おすすめの頭皮ケアをご紹介します。

#頭皮マッサージ

頭皮に爪をたてて力強くマッサージするのは絶対にNG!指の腹や手のひらで優しくマッサージすることで血行が促進され、頭皮環境を整えます。

頭皮マッサージおすすめアイテム
「リファカラット」

リファカラットは、顔や脚などのマッサージアイテムでよく知られていますが、私は頭や首筋、肩にも使用します。

手による頭皮マッサージだと、力をいれすぎてしまったり、逆に力が入らなかったり。普段ネイルをしている方も、難しかったりしますよね。
リファカラットを約5~10分間優しくコロコロと転がすだけで、すっきりとし、ストレスも緩和されます。 ※髪の毛が巻き込まないように束ねて使用しましょう。

頭皮マッサージをすることでストレスが緩和され、質の高い睡眠へ導くことで、頭皮の環境も良くなると思います。
特に、デスクワークや、運動不足の場合は、頭皮が硬くなりやすい方が多いような気がします。

上で、「不規則な生活は皮脂の過剰分泌の原因になる」とお伝えしましたが、どうしても睡眠がしっかりと取れないという方、運動ができないという方は、この頭皮マッサージをぜひ試してみてください。

#ブラッシング

シャンプー前にはブラッシングをして髪をとかし、シャンプーしやすい状態を作ります。
髪がからまっていると、シャンプーも泡立ちにくいですよね。すると、汚れもしっかり落ちずに残ってしまうため、悪臭の原因に。

ブラッシングおすすめアイテム
「ダングルティーザー」

ブラッシングにおすすめのアイテムが、子どもから大人まで使えるブラシ「ダングルティーザー」です。

数年前に話題になり、「髪をといても痛くない」「とかすだけでつやが出る」という優れもの。
ブラシの先がこまかく、頭皮から丁寧にとかすことができます。また、頭皮に合わせた丸みを帯びた形なので、ブラッシングも気持ち良くできます。

#シャンプー

冬の頭皮ケアでもお伝えしましたが、シャンプーは、髪ではなく「頭皮」を洗うモノ。
スキンケアと同じように、シャンプーも夏と冬で変えることをおすすめします。

シャンプーおすすめ製品
「ビオーブ リフレッシュスキャルプシャンプー」

夏のシャンプー&インバストリートメントにおすすめなのがこちら。
美容院やネットで購入可能で、しっとりとすっきりの2種類がありますが、夏はすっきりタイプがおすすめです。ほんのり清涼感があり、すーっとするスキャルプシャンプーで、頭皮をすっきり洗いあげます。

「ビオーブ スキャルプリラックストリートメント」

これは、乾燥肌さんにおすすめの頭皮用トリートメント。夏の頭皮の日焼けや、日焼けによる乾燥から来る皮脂過剰、フケなどを防ぐ頭皮を保湿するアイテムです。
すっきりとシャンプーで洗い流した後に使用することで、頭皮だけでなく、根元からふんわりしっかりとしたべたつかない髪に仕上がります。

#髪を乾かす

そして最後に、髪を洗った後は必ずしっかりと乾かしてください。

夏は暑いので乾かすのがめんどくさい時もあるかもしれませんが、髪が半乾きのままだと雑菌が繁殖し、こちらも臭いの原因になります。さらに。そのまま寝てしまうと枕や布団にもその雑菌が繁殖してしまう可能性も。

まとめ

頭皮の臭い、大丈夫かな?と思ったら一度、頭皮を指でこすり、臭いをたしかめてみてください。少し脂っぽい臭いがする方は、思い切ってケアを変えてみましょう!

夏と冬では、ケア方法や使用アイテムを変えて、スキンケア同様、夏の頭皮には少し軽めの使用感のものがおすすめです。(夏でも冬でも、保湿ケアは忘れずに!)
まずは、自分の頭皮はどうか、髪はどうなっているかを確かめ、それによって、軽めのケアやしっとりのケア、選んでみてはいかがでしょうか?

頭皮や髪、それぞれにあった食生活や睡眠時間なども一度見直してみて、夏をすっきり快適に過ごしましょう。

 

―頭皮の臭いの原因が皮脂で、その皮脂にとって雑菌が広がる可能性があるとは、今すぐにでも頭皮ケアを強化しなければ!と思いますね。
ブラッシングや頭皮マッサージもうまく取り入れ、無理なく毎日の生活に頭皮ケアを取り入れていきたいですね。

私は、今年の夏は「ケアオブヤード」というスウェーデン生まれのブランドの「リンゴンベリーシャンプー」を使っています。スカルプタイプですが、人工的な使用感ではなく、ナチュラル成分によるすっきり感が得られるので、気に入っています。

(編集長)

 

夏のヘアケア連載

■〔ヘアケア連載〕皮脂や臭いに負けない!夏の頭皮ケア、始めませんか?

〔ヘアケア連載〕うねりや広がり・・・梅雨の時期の髪の悩みとお手入れ方法

〔ヘアケア連載〕夏髪のUV対策と、ヘアダメージのケア方法