〔COLUMN〕成分辞典〜プラセンタについて〜

3066afe74f16a57892d162a3999e5744_s1「プラセンタって聞いたことはあるけど、どんな成分なの?」という女子も多いのではないでしょうか。

今回は、「プラセンタ」の効果や効能、敏感肌や乾燥肌にも使えるの?などの疑問にお答えします!

プラセンタとは

「プラセンタ」とは、英語で胎盤(※1)のことをいいます。

化粧品で使用されるプラセンタは、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクター)や他の栄養素を抽出したもの。
胎盤に含まれる豊富な栄養分や、しっかりと赤ちゃんを育てあげるそのパワーに美容業界が注目するようになり、次々と配合化粧品が発売されるようになりました。

※1 女性が赤ちゃんを身籠る際に、赤ちゃんといっしょに受精卵からつくられるもの。

乾燥肌には?

肌の潤いは、角質層の水分量によって決まります。 角質層に20%の水分量があれば肌は潤っていると言えますが、それに満たないと、肌は乾燥していることになります。

プラセンタには、角質層に水分を補給してくれる「保湿調整機能」があるため、肌の乾燥対策にはバッチリ! 
また、「皮脂調整機能」もあるため、「頬や口元は乾燥するのに小鼻は脂っぽい」という混合肌の人にもオススメです。

さらに、ムコ多糖体(ヒアルロン酸含む)というコラーゲンの生成促進を高める栄養成分が含まれているため、肌のハリUPにも期待できます。

 

敏感肌には?

プラセンタは、とてもマイルドで低刺激な成分。なので、敏感肌の方も安心して使うことが出来ます。

また、肌のターンオーバーを促進し、健康な肌へと導く効果があるので、敏感肌そのものの改善にも効果が期待できます。
そのため、プラセンタを使う時は、ターンオーバーの周期である「28日間」続けてケアをすることが重要と言えるでしょう。

ecf2c4b78217c0c07fdde3b416cb5caf_s[1]

プラセンタの選び方

プラセンタは高品質であるほど栄養素を豊富に含むため、保湿の面でも肌細胞の活性化の面でもとても良いとされています。

しかし、販売されている「プラセンタ」は種類も様々。
良質なプラセンタを使いたいのであれば、高濃度で配合された、品質が保証されているものを選びましょう。

まとめ

乾燥肌にも敏感肌にも嬉しい効果がたくさんある「プラセンタ」。

しかし、その効果を確実に得るには、しっかりとした品質の商品を見分けることが重要です。大切な肌に付けるものですから、自身が納得のいくものを選びましょう!

 

→プラセンタ配合のスキンケア一覧