クレンジング

〔COLUMN〕あなたの肌に合うのはどのタイプ?「クレンジング」の種類と正しい選び方!

pic最近、各メーカーから様々なタイプのクレンジング剤が発売されていますよね。
人によって、肌質はもちろんメイクの種類や濃さも異なるため、自分にピッタリ合ったクレンジングを選びたいところ。
ということで、今回はそれぞれのクレンジング剤のメリット・デメリットや、どんな人に向いているのか?をまとめました。

その前に・・

メイクを落とすことが第一優先のクレンジング。
そのメイクというのは主に“ベースメイク”を指し、これをしっかり落とせるものを選ぶ必要があります。
アイメイクもメイクの中では重要な部分ですが、落とす時はクレンジングに頼らず、「ポイントメイクリムーバー」を使いましょう。

各クレンジングの特長とメリット・デメリット

\クリーム・ミルク/
■メリット
・界面活性剤の量が少なくテクスチャーが柔らかいので、肌への負担が少ない。
・洗浄力×肌への負担のバランスがいい。
・洗い上がりがしっとりするものが多い。
・マッサージ効果が期待できる。

■デメリット
・洗浄力があまり高くないため、物足りなさを感じる人も。
・メイクが落ち切らず、肌トラブルの元になることも。
・水分に弱いので、お風呂場で使えないものが多い。
・拭き取りタイプのものは、摩擦刺激が強くなる。

■こんなひとにオススメ!
・ウォータープルーフのベースメイクではない。
・肌への負担が軽いため、ニキビ肌・敏感肌向き。
・肌のうるおいを残してくれる点は、乾燥肌向き。
pic

ちなみに・・
ニキビがあってもしっかりメイクしたい(落としたい)という人には、「ホホバオイル」がオススメ。
ホホバオイルに含まれる“ワックスエステル”という成分が、ニキビの元となるアクネ菌の退治に有効とされる上、人の肌に元々含まれている成分なので、敏感な時期にも安心して使えます。

 

\オイル/
■メリット
・洗浄力が高くメイクとのなじみがいいため、メイク落ちはNo.1。
・大気中の汚染物質や皮脂汚れもしっかり落とすことが出来る。
・マスカラなど、ポイントメイクもスルスルと落とせる。

■デメリット
・界面活性剤の量が多いものが多く、肌への負担が大きい。
・しっかり洗い流さないとニキビの原因になる。
・なめらかなテクスチャーなのでゴシゴシしてしまいがち。必要な皮脂やうるおいまで落とし過ぎてしまうことも。

■こんな人にオススメ!
・普段からしっかりメイクをしている人。
・ウォータープルーフのベースメイクをつけている人。
・毛穴の詰まりや皮脂汚れが気になる人。
pic

\ジェル/
■メリット
・吸着性・浸透性の高いものが多い。
・水性(オイルフリー)であれば、マツエクを付けていても使える。
・ジェルがクッションとなり、肌への摩擦による負担を抑えてくれる。

■デメリット
・水性(オイルフリーやオイルイン)や油性など種類がさまざま。製品によって成分や配合量が異なるため、肌に合うものを見極める必要がある。

■こんな人にオススメ!
水性ジェル
・マツエクをつけている人。
・低刺激で肌にやさしいものを使いたい人。

油性ジェル
・洗浄力が高いため、普段からしっかりメイクをしている人。
pic

\ホットクレンジングゲル/
■メリット
・熱で角栓を溶かしながら落としてくれるため、肌をゴシゴシこする必要がなく、肌への負担が少ない。
・W洗顔不要なものが多い。
・マッサージ効果が期待できる。

■デメリット
・肌が敏感な時には、温感が刺激となることも。
・製品によっては洗浄力が高く、メイクだけでなく皮脂やうるおいを落とし過ぎてしまうものも。

■こんな人にオススメ!
・W洗顔不要なものは、うるおいを残してくれるため乾燥肌向き。
・忙しいのでクレンジングと洗顔は1度にササッと済ませたい人。
・温感効果でリラックスしたい人。
・毛穴の詰まりや肌のザラつきが気になる人。
pic

まとめ

上では一般的な特長をお伝えしましたが、今は界面活性剤フリーや無添加のものなど、肌にやさしく機能的なものが多種発売されています。
“肌への負担は最小限に、メイクを落としきる”という重要なポイントを念頭において商品選びをしましょう。

また、肌が揺らいでいる時期はメイクを控えめにすると、クレンジングの洗浄力による肌への負担も軽く済みます。
自身の肌と相談をしながら、毎日のメイク・スキンケアを楽しみましょう!