―日本酒と美肌の関係―日本酒酵母のスキンケアの成分や使い心地は?

  • アンチエイジング
  • 保湿・うるおい
  • 美白

日本酒③古くから日本人に馴染み深い「日本酒」。お酒が苦手な人でも、料理酒や冬の甘酒など、何かしら生活の中へ自然と取り入れていることでしょう。

今回は、日本酒と美容の関係についてピックアップ。近年人気の日本酒を使ったスキンケアについても見ていきたいと思います。

 

  

「日本酒」には美肌効果が
期待できる成分が豊富

米麹(コウジ酸)
メラニン色素の生成を抑えるため美白に効果あり。
また、細胞の活性化によりアンチエイジング効果も期待できる。

フェルラ酸
ポリフェノールの一種。しみ・そばかす、しわ・たるみなど、美白やアンチエイジング対策に。

アミノ酸
肌の角質層を構成するアミノ酸。保湿力・ハリ感のUPが期待できる。日本酒②

美肌作りに近年注目されている
「日本酒酵母」とは?

上記の原料(成分)の他に、日本酒作りの要となるのが「酵母(酒母)」
日本酒作りの「もと」とも呼ばれ、ここに「麹(こうじ)」や「蒸し米」、「水」を加えて発酵させることで、日本酒が完成します。
※麹=蒸米のでんぷん→ブドウ糖に変える役割。
※酵母=ブドウ糖→アルコールに変える役割。

酵母には、「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、「ミネラル」などがたっぷり含まれ、美肌のためにも良いと近年話題になっている原料です。

  

日本酒をスキンケアとしても活用

日本酒は、飲むだけではなく、外側から取り入れることでも美肌効果が期待できます。
お酒が苦手な人は、顔や身体のスキンケアとして毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

お酒の旨味を引き出すために欠かせない『日本酒酵母』。ビタミンやアミノ酸など各種ミネラルが含まれています。お肌のうるおい感を高めて守り、健やかに整えます。
日本盛 pour moi 公式サイトより」

化粧品やスキンケアという考えがなかった時代から日本酒は水で薄めて化粧水代わりに使われていました。美しさを求める芸子さんが余った日本酒を活用してお肌のうるおいを保っていたそうです。
菊正宗酒造 公式サイトより」

日本酒風呂

バスタブにコップ1〜2杯の日本酒を入れて、半身浴を楽しみましょう。
血行促進による冷え性対策やリラックス効果、美肌効果が期待できます。

日本酒パック

日本酒大さじ1+はちみつ小さじ1+小麦粉大さじ1を混ぜあわせた後、顔に直接塗って5〜10分置き、ティッシュかコットンで拭き取ります。
※ただし、敏感肌・乾燥肌には肌への負担が大きいため不向き。まずはボディケアとして試してみることがおすすめ。7e478a07e207e21325b009913fe85b38_s

  

日本酒酵母スキンケアを使ってみましょう

「日本酒」+「精製水」で“手作りの日本酒化粧水”を試すのもありですが、日本酒自体にはアルコールがたっぷりと含まれていることや、あまり日持ちしないことからも、乾燥肌・敏感肌にはおすすめしません。

日本酒そのものではなく、「日本酒酵母」を成分として配合したスキンケアであれば、日本酒のアルコールは含まれていないので、肌へ負担になることもないでしょう。

 

◎日本盛 プモア

今回は、老舗日本酒造メーカーでもある、日本盛の「プモア」を例に、日本酒酵母スキンケアの使用感や仕上がりをチェックします。

プモア ミルキーローション 120ml/3,456円(税込)
プモア クリーム 30g/3,888円(税込)
公式オンラインショップ/日本盛株式会社
トライアルセット:1,000円(税込)

 

日本酒酵母と乳酸菌の「W美活エキス」

プモアのメイン成分は「W美活エキス」。日本酒の老舗メーカー 日本盛ならではの「日本酒酵母」と健康に欠かせない「乳酸菌」の掛けあわせで、肌本来のうるおい感を高めることはもちろん、美肌に整えます。

 

植物エキス

桜葉、ヨクイニン、柚子、トウキなど、高い美肌効果をもつ植物エキスを配合。

 

浸透型保湿成分

浸透型のコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸を配合。ぷるぷる、しっとり、つやつやの肌に。

 

使用感・浸透力に優れた化粧水

プモアの化粧水は、「ミルキーローション」タイプ。特殊発酵技術により、うるおい成分を抱え込んでいることからも、ミルキーなとろみ感が特徴。

また、独自の“ナノエマルジョン技術”により、肌にのせた直後から浸透感あり。みずみずしくのびます。

肌に浸透した後は、表面に「バイオうるおいヴェール」を形成することで、もっちりとしたうるおい感に仕上がります。

 

なじみの良いぷるぷるクリーム

クリームのなじみが良い理由は、水分と油分のバランスが肌の角質層と同じ“ラメラ構造状”になった「うるおいセラミド」によるもの。ジェルのような感触で、とろけるようになじみ、うるおいで満たします。

また、肌になじむとオイルを放出。表面にバリアを形成することで、長時間うるおいをキープします。

オイルは、ローズ・ラベンダー・グレープフルーツなど数種類のエッセンシャルオイルを配合。

 

実際にプモアを試してみて・・・

酵母の力で、うるおいを保ってくれる仕上がりに

「日本酒のスキンケア」ということで、日本酒っぽい独特の香りやしゃばしゃばとした水っぽさを想像していたのですが、それとは真逆の使用感。まろやかに、とろとろするするとのびていき、無刺激で、アルコールっぽさもありません。

ほぼ無香で、酵母の力でしっかりと肌のうるおいを保ってくれるような、乾燥肌にも嬉しいもちもちの仕上がり。ベタベタの仕上がりではないのに、翌朝まで保湿感は持続し、乾燥を感じませんでした。

日本酒酵母と乳酸菌の保湿力に、植物エキスや浸透型の美肌成分を掛け合わせることで、より美肌効果が高まるのかな、と。
また、化粧水・美容液・乳液・クリームの役割をこの2アイテムで完了できるのも手間がかからず嬉しい!

日本酒④

  

まとめ

お酒が得意な人は、ビールやワインの代わりに「次は日本酒で!」と注文してみるのも粋な女性の印象に。(※何でも飲み過ぎは、健康によくありません。1合程度に留めましょうね。)
苦手な人は、ぜひ日本酒風呂やパックで。

中でも、毎日必ず使うスキンケア化粧品こそ、日本酒のパワーを取りいれやすいと感じました。
今回使用した「日本酒酵母」由来のスキンケアは、アルコール感がない分、お酒が苦手な方や敏感肌の女性でも抵抗なく続けられます。
老舗一流酒造メーカーの厳選された酵母によるスキンケアともなれば、一段格上の仕上がりに。

この季節ならでは、古くからこの国に受け継がれる文化「日本酒」による美容法。
ぜひ、この冬一度お試しくださいね。

 

〈掲載商品一覧〉

プモア ミルキーローション 120ml/3,456円(税込)
プモア クリーム 30g/3,888円(税込)
公式オンラインショップ/日本盛株式会社
トライアルセット:1,000円(税込)

→日本盛 プモア公式サイト