クリーム

冬に使いたい「保湿クリーム」について|役割から選び方、使い方まで基本をおさらい

  • 乾燥肌
  • 保湿・うるおい

フェイス・ボディ・ハンドクリームなど様々な用途で使われている「保湿クリーム」。
そんな保湿クリームの中でも、今回は「保湿フェイスクリーム(顔用クリーム)」をテーマにお届けします。

保湿クリームの使用目的や使い方など、知っているようで知らない情報が満載!
特に秋冬の時期は、いつものスキンケアに保湿クリームをプラスすることで保湿効果がグンとアップします。
これまで保湿クリームを使っていないという人も、ぜひ取り入れてみてください。

  

保湿クリームとは?

保湿クリームの成分は、乳液とよく似ています。
しかし、乳液よりも油分の配合量が多いことが保湿クリームの特徴。

肌にうるおいを与える機能の他に、「水分の蒸発を防ぐ」「栄養を与える効果」なども備わっています。

  

保湿クリームの顔への効果は?

私たちの肌にはもともと天然保湿因子(NMF)が備わっていて、水分を保持したり、乾燥や外部刺激から肌を守る役割を担っています。

しかし、一旦そのバランスが崩れるとバリア機能が低下し、様々な肌トラブルの原因となります。

上記でも説明した通り、保湿クリームには「保湿+栄養」を与える働きがあり、バリア機能の低下を防ぎます

また、化粧水や乳液よりも油分が多く含まれているため、肌の上で皮脂膜となり、肌表面を外部の刺激から保護する働きも。
カサカサ、かゆみ、炎症などが起きている肌の保護のため、積極的に使用したいアイテムなのです。

  

保湿クリームはいつ使う?

保湿クリームを使うタイミングは、基本的にスキンケアの一番最後

基本的には、まず洗顔後、水分と栄養を与える「化粧水」と「美容液」を塗ります。続いて「乳液」で水分の蒸発を防ぎ、最後に「保湿クリーム」で仕上げて完了です。

仕上げに保湿クリームを使うことで、肌から水分・美容成分が蒸発するのを防ぎます

 

日中のメイク直し&保湿にも!

保湿クリームは、メイク直しにも活躍するアイテム!
このとき、無理にこすってしまうとファンデーションがよれて汚くなるため、軽くおさえるようにつけましょう。

①保湿クリームを綿棒などに少量つけます。

マスカラが落ちてしまった部分や頬の乾燥部分、ファンデーションがよれて目立つほうれい線などに優しく塗布し、古いメイクを取り除きます。

③上から軽くティッシュオフ。パウダーなどでおさえれば、保湿ケアもしながらメイク直しが完成です! 

  

保湿クリームの使い方

保湿クリームの顔への使い方は、以下の流れを参考にしてください。

①手のひらを温めておく

保湿クリームの浸透力を高めるため、手のひらを温めておくと効果的です。
クリームが手の上でのび、肌になじみやすくなります。

②適量を手に取る

保湿クリームの適量は、メーカーごとに異なっているので、推奨量をしっかりと守ることが効果を引き出すコツです。

③顔の中心から外側へ

顔の中心部から外側に向かってクリームをのばしていきましょう。
このとき、顔全体に一気にのせるのではなく、頬や額など何箇所かに分けて均等に置いていくと◎。

ムラがなくなるよう顔全体を手のひらで包み込み、やさしくなじませていきましょう。

  

保湿ジェルとクリームの違いは?
両方使う方がいいの?

保湿クリームと同じような目的で使われる「保湿ジェル」。両者の違いは、水分が多いか or 油分が多いかです。

保湿ジェルは、水分が多くさっぱりとしたテクスチャーが特徴。
一方で、保湿クリームは、油分が多くしっとりとした質感となっています。

基本的に両方使う必要はなく、どちらか一品でOK。
乾燥肌・敏感肌の私たちには、保湿力の持続性が高い「保湿クリーム」の方がおすすめです!

  

乾燥肌・敏感肌におすすめの
保湿クリームの成分は?

肌の乾燥が気になるときや敏感肌でお悩みのときには、保湿クリームに「セラミド」が入っていると◎。

セラミドは角質層にとどまり、水分を逃しにくくする効果をもつため、保水効果が大幅にアップします。肌のうるおい不足やバリア機能の低下を感じたら、真っ先に取り入れたい成分なにです。

また、セラミドは、化粧水を始め様々な化粧品に入っていますが、本来は「脂質」。そのため、「油性」のスキンケアアイテム(=保湿クリーム)との相性が抜群です。

  

秋冬におすすめな
保湿クリームランキング

1位 アヤナス クリーム コンセントレート

アヤナス クリーム コンセントレート

敏感肌向けエイジングケア化粧品「アヤナス」のセラミド配合保湿クリーム。濃厚なまろやか質感のクリームで、肌に必要な水分・油分を逃がしません。

 

2位 ヒフミド エッセンスクリーム

エッセンスクリーム

「ヒト型セラミド」配合で、肌のバリア機能をアップする製薬会社発の保湿クリーム。やわらかくまろやかなテクスチャーで、肌なじみも良し。

 

3位 アテニア ドレスリフト ナイトクリーム

ドレスリフト ナイトクリーム

「時計美容」の考えに基いて開発された夜用のエイジングケアクリーム。濃密な保湿感で、機能性アロマの香りが心地良いアイテムです。

 

保湿クリームならニベア青缶も人気!

保湿クリームでは、定番のニベア青缶も人気ですが、ニベアだけを塗ってケアを済ますのは控えましょう。
使い方などの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

    ニベアの記事をみる    

  

ファーストエイジングケアも
クリームから始めるのがおすすめ◎

毎日のお手入れにクリームを取り入れるのであれば、保湿×エイジングケアの機能を備えたクリームもおすすめ。
まだまだ本格的なエイジングケアを考えていない人も、クリーム1品からだと導入しやすく、手軽に続けやすいですよね。

ポイントは、保湿成分「セラミド」と併せて、エイジングケアに有効な成分や機能性が搭載されていること。エイジングケアクリームランキングもぜひ参考にしてみてください。

 

1位 アヤナス クリーム コンセントレート

ストレスによる肌荒れはエイジングを加速させてしまうという研究のもと、化粧品による「ストレスケア」を搭載する「アヤナス」の保湿×エイジングケアクリーム。濃密なクリームで、肌のうるおいとハリ感を高めます。

▷詳細をみる

 

2位 オルビスユー ナイトメモリーモイスチャー

まるで水ワセリンの「濃密ウォータージェリー」配合で、肌をみずみずしくもしっかりうるおし、翌朝までハリ感を持続させる夜用保湿クリームです。

▷詳細をみる

 

3位 アテニア ドレスリフト ナイトクリーム

コクのあるナイトクリームを夜使うことで、翌朝ハリと弾力に満ちた肌へ。ふっくらしなやかなハリ感に導くクリームです。

▷詳細をみる

 

    ランキングの続きみる    

  

まとめ

保湿クリームは、肌にうるおいを与えて閉じ込めるだけでなく、栄養を与える効果があります。

ロングセラーの「ニベア(青缶)」も保湿クリームの一種で、油分を与え、閉じ込める効果があり、スキンケアに取り入れている人も多いですね。ニベアは油分がほとんどなので、水分・美容成分は他のアイテムで補うのが◎

保湿クリームは、“スキンケアの最終仕上げ”とも言える大事なステップです。
秋冬のスキンケアにはなお効果を発揮しますので、ぜひプラスしてみてください!

    保湿クリームランキング