美容オイル

冷えの季節に必見、入浴とオイルの相乗効果で肌が喜ぶ保湿ケアを!

  • 乾燥肌
  • 保湿・うるおい

女性にとって大敵となる“冷え”。
知らず知らずの間に広がるからだの冷えは、美肌ケアの妨げになっているかもしれません。

今回注目したのは、冷え取りの基本となる“入浴”について。身体を温めながらめぐりを高める入浴法を極めることで、冷えに負けない健康や美肌を手に入れられます。さらに、入浴中、入浴後に使えるオイルマッサージ&保湿法もお伝えしますので、ぜひ寒い季節の美容法の参考になれば幸いです。

 

  

その日の冷えは、その日にリセット!
からだの冷えに入浴が大切な理由とは

乾燥や冷たい空気にさらされる季節は、肌にとっても過酷なもの。血液の循環が悪化することから、肌老化が進みやすくなります。

そこで大切にしたいのが、毎日のバスタイム

からだをじっくりと芯から温める入浴は、リラックス効果以外にも嬉しいメリットがたくさんあります。

  

入浴のメリット

✔血行が良くなり、新陳代謝がアップ

✔酸化ダメージを招いてしまう汚れを浄化

✔ヒートショックプロテイン(壊れた細胞組織を修復するタンパク質)の産生効率が高まり、新たなコラーゲンを生み出すサポートを

また、このときの入浴フローも大切です。
ポイントを押さえ、毎日のバスタイムに一工夫加えてみましょう。

  

-からだを芯から温める入浴法-

Point① 肩までしっかりつかる
全身浴することでからだ全体の血流が素早く高まるため、秋冬には特におすすめ。
※心臓病や貧血などの持病がある方は控えてください。

Point② 理想の温度は約39℃(±1℃)
体温プラス2℃程度のお湯が理想です。高くても40~41℃を上限に。

Point③ 20~30分を目安に
長く入っていられない場合も、最低10分程度はつかりましょう。

  

保湿オイルで、
入浴の質をさらにアップ!

ただ、なんとなく入浴するだけではもったいない!
肌のうるおう力を覚醒させる美容オイルやマッサージを取り入れ、バスタイムをかしこく利用することで、乾燥してしまった肌もよりみずみずしく艶やかにキープすることができます。

そのときに使うオイル選びが重要。
例えば、人気の国産オーガニックブランド「HANAオーガニック」の「アーユスオイル」
乾燥した肌が自らうるおう力を取り戻せるようサポートしてくれる、天然100%の美容オイルです。

IMG_6027

アーユスオイル

  

アーユスオイルの特徴と配合成分

抗炎症・抗酸化作用をもつオイルが、自らセラミドを生み出せる肌へと導きます。

成分① セサミオイル
肌の皮脂の似た組成をもつセサミオイル
その他にも、数種類のオイルをブレンドすることで、炎症やトラブルに負けない肌を作ります。

 

成分② モリンガ
エイジングケアに効果的。あわせて、クルクマなどのハーブが肌を酸化ダメージから守り、ツヤを与えます。

 

成分③ 3つの花精油
朝摘みローズ、イランイラン、ゼラニウムの精油が副交感神経に働きかけ、女性ホルモンの働きをサポートします。

 

▷詳細をみる

  

さらにうるおいを高める
オイルの活用法

さらに美肌効果を高めるオイルの活用法をご紹介します。

 

インバスケアに

入浴中(インバス)の保湿ケアに。
マッサージを兼ねているため、疲れや老廃物を排出するデトックス効果も期待できますよ。

 

①オイルを10~15滴手にとります。親指以外の4本の指で、耳の後ろにある耳下腺から鎖骨のくぼみに向かって、数回なでおろすようになじませましょう。

②さらにオイルを10~15滴をとり、顔の中心からこめかみにむかって、指の腹で円を描くようにマッサージします。
※耳の前に集中しているリンパを集めるよう動かすと効果的。

③そのままオイルを流さず、半身浴をします。からだが温まったらバスタブから出て、残ったオイルを優しくふき取りましょう。

  

アウトバスケアに

入浴後は、肌の水分が急速に蒸発してしまうため、お風呂から出た10分をリミットに保湿をすることが大切です。

その際、肌に水分を少し残した状態でオイルケアしましょう。オイルが蓋の役割となり、水分蒸発を抑えることができます。

また、サラッとしたオイルは他のアイテムとも合わせやすく、乳液などいつものスキンケアに1~2滴混ぜることもおすすめ。うるおいの持続性を高めることができますよ。

インバスケアで“うるおいの下地”をつくっておくと、お風呂後の保湿リミットものびるそう。
インバス・アウトバス、あわせての保湿ケアをするのがベストですね。

  

リンパマッサージに

全身のケアがしやすい入浴時には、オイルを使ったバストケアもおすすめです。

①手にオイルを適量とり、わきのリンパを流し込むようにバストの上下をさすりましょう。

 ※下側をさする時は、少しバストを引き上げながらおこなうと効果的です。

②さらにオイルを適量とり、リンパ節のあるわきをつかむように揉みほぐます。


③わきから正面へ、手のひら全体でバストを中央に寄せるようにマッサージしましょう。

④フェイスケアのように洗い流さないまま、半身浴をします。入浴後は、そのままオイルを軽く拭き取る程度で完了!

  

まとめ:温かい入浴とスキンケアの相乗効果で、肌にも心にもうるおいを!

肌と似た組成をもつオイルは、入浴時の保湿ケアやマッサージにぴったり♪
さらに肌なじみ&浸透力高いオイルを選ぶことで、入浴中のやわらかな肌を長時間保つことができるでしょう。

今回ピックアップした国産オーガニックブランドHANAオーガニックの「アーユスオイル」は、白檀(びゃくだん)をベースとした落ち着きのある香り。深いリラックス効果も実感できますよ。

入浴の心地よさが肌にも心にもしみわたるこの時期に、入浴+スキンケアの相乗効果で、からだを芯から温めながら美肌づくりを楽しみましょう♪

  

HANAオーガニックのアーユスオイル

インバス・アウトバス両方のケアに使いやすい国産オーガニックブランドHANAオーガニックの「アーユスオイル」は、スキンケアのトライアルセット内容にも含まれています。
まずは少量から試して、その心地よさ・うるおい力を実感してみて。

#セラミドうるおいトライアル
(7日分1,480円(税込)/送料無料)

 

その他のHANAオーガニックスキンケア

#クレンジング

ピュアリクレンジング

#洗顔料

ピュアリクレイ

#化粧水&乳液

フローラルドロップ
ムーンナイトミルク

#美白ケア美容液

 ホワイトジェリー

#美容オイル

 アーユスオイル 

#UVケア&化粧下地

 ウェアルーUV