うるおいやバリア機能に欠かせない「セラミド」の特徴と、人気のセラミドスキンケア

  • 保湿・うるおい

乾燥肌・敏感肌におすすめの成分とされる「セラミド」
肌に良いということはすでに多くの人が認知していて、化粧品の成分として入っているとなんとなく安心感がありませんか?

そんなセラミドは、種類も豊富。
濃度や量はどの程度入っていると良いのか、セラミド配合の化粧品はどのくらいの期間続けていくと肌に効果があるのか、など掘り下げて見ていきましょう。

 

  

セラミドとは?

肌は、角質細胞が重なってできています。
セラミドは、角層の中にある細胞間脂質の50%を占めており、角質細胞同士をつなぐ重要な役割を持っています。

細胞間脂質は、肌の水分保持に関係がある場所。

セラミド不足の肌は、紫外線・乾燥・アレルゲンなど外部刺激を受けやすい状態にとなり、肌の持つバリア機能が低下する原因にもなっているんです。

よって、乾燥肌・敏感肌にはセラミド不足の人が多いので、きちんとセラミド補ってあげることで肌表面がうるおい、キメが整ってくるでしょう。

  

4種類あるセラミドの違い

セラミドは、主に4種類にわかれています。

どのセラミドが入っているかによって効果も違ってきますので、セラミドの種類別に特徴を確認してみましょう。

#天然セラミド(=動物性セラミド)

天然セラミドは、「動物性セラミド」「ビオセラミド」とも言われていて、馬・豚などから抽出したものです。
人と同じ哺乳類のセラミドなので、肌になじみやすいのが特徴。

成分は非常にいいのですが、価格自体はは少し高めに。

 

#バイオセラミド(=ヒト型セラミド)

「セラミド1」「セラミド2」などと番号が振ってあるものがバイオセラミド。

「ヒト型セラミド」とも言われていて、人の肌構造と同じになるよう、酵母から生成しています。

刺激が少なく、保湿力や浸透力ともに高いのが特徴です。

 

#植物セラミド

「糖セラミド」と言われることもある植物セラミド。
米ぬか油や小麦麦芽油から抽出したセラミドのことで、「コメヌカスフィンゴ糖脂質」などと書いてあります。

肌の中のセラミドとは異なるので、保湿力・浸透力がやや落ちます。
また刺激も強く、植物アレルギーの原因になることも考えられることから、敏感肌の人には不向きな面も。

#合成セラミド

合成セラミドは、またの名を「擬似セラミド」と言います。
石油原料をセラミドに似せて化学合成した保湿成分のことで、「ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド」と書いてあります。

大量生産できて、価格が安いのが特徴。本物ではない分、効果はイマイチとの声も。

どのセラミドを選んだらいい?

上記のように4種類あるセラミドですが、「天然セラミド」か「バイオセラミド」がおすすめ!

保湿・浸透力が高く低刺激なので、乾燥肌・敏感肌でも安心して使えます。 

  

セラミドの濃度や配合量

セラミドが入っていることは大事。
しかし、ただ入っているだけでは不十分なんです。

配合量の多さは、成分表を見ると分かります。
成分表は配合量の多いものから順に記載していくというルールがあるので、上の方にセラミドの記載があれば、配合量が多いということ。

また、セラミドの濃度は0.05%以上入っているのが一般的。
やはり、高濃度のものの方が効果が高いため「1%以上」を目安に選ぶと良いでしょう。

ただ、メーカーに問い合わせても、セラミドの配合量は企業秘密というところもあるので、高濃度で配合量も多いことをしっかりと書いてある化粧品ならば、十分な効果を感じられるはずです。

  

セラミドは、どのくらいの期間で
肌に効果があるの?

肌が生まれ変わることをターンオーバーと呼びますが、ターンオーバーの周期は年齢や肌状態によって個人差があります。

最短でも28日はかかると言われていますが、肌悩みを抱えている人は、それ以上かかる場合が多いです。

化粧品は1本あたり1ヶ月程度で使い切るように出来ていますから、2〜3本使い切った辺りで、初めて効果を実感する人も多いそう。

焦らず継続していくことが、セラミドの効果を引き出す上で重要なことでしょう。

  

まとめ

セラミドは水分保持や、バリア機能をつかさどる肌の中でも重要な成分。

4種類あるセラミドの中でも、肌に馴染みがよく保湿力・浸透力に優れているのは「天然セラミド」か「バイオセラミド」です。
セラミドの後に番号が振ってあるものや、馬・豚由来のセラミドがおすすめ!

配合濃度や量にも気を配りましょう。

また、肌の生まれ変わりには個人差があります。多くの人が効果を実感するのが3ヶ月ほど経ってから。

焦らず継続していく中で、セラミドの効果を実感していただければと思います。

  

セラミド配合のスキンケア

#ETVOS(エトヴォス)
モイスチャライジング

すべての肌悩みの元凶とも言える「乾燥」に特化したシリーズ。
セラミド不足で水分が蒸発しやすくなった肌に、たっぷりの「ヒト型セラミド」を補給します。

さらに、高保湿成分や植物の力でしっとり柔らかな肌へ導いてくれるスキンケアです。

ETVOS(エトヴォス)

モイスチャライジングライン

お試しセット:1,900円(税抜)
エトヴォス /オンラインショップ・専門店舗

 

#hifmid(ヒフミド)

肌のセラミド不足に着目し、乾燥肌・敏感肌に向けた製薬会社のスキンケア「hifmid(ヒフミド)」。

人の皮膚と同じ構造の「ヒト型セラミド」を配合することで、肌本来の保湿力を取り戻して若々しい潤い肌を目指します。

ヒフミド

hifmid(ヒフミド)

トライアルセット:980円(税込)
小林製薬 /オンラインショップ

 

#アスタリフト

ハリ・うるおい不足に、ナノの力で立ち向かう富士フイルムの「ASTALIFT(アスタリフト)」。

4つの基本アイテムのうち、ジェリー状の先行美容液「ジェリーアクアリスタ」は、水分保持力に優れたダブル配合のヒト型ナノセラミドの力で、肌の土台づくりに貢献します。

アスタリフト

ASTALIFT(アスタリフト)

トライアルセット:1,000円(税抜)
富士フイルム /オンラインショップ・専門店舗・ドラッグストア

 

#キュレル

肌荒れ・カサつきを繰り返す“乾燥性敏感肌”に向けて開発された「キュレル」は、独自の「セラミド機能成分」が特徴。
セラミドの働きを補って、肌のバリア機能を整えることを目的としています。

※セラミド機能成分は化粧水には配合されていないため、ラインでの使用をオススメします。

キュレル

Curel(キュレル)

花王 /ドラッグストア

 

#ミノン

乾燥肌・敏感肌向けの「ミノン アミノモイスト」は、肌の水分保持機能を構成する成分の大部分を占める「アミノ酸」に着目して、「9種の保潤アミノ酸+2種の清透アミノ酸」を配合しています。

また、アミノ酸系セラミド類似成分により、角質層の隙間を埋めてうるおいを逃しません。

ミノン

MINON(ミノン)

第一三共ヘルスケア /ドラッグストア