ファンデーション 化粧下地・ベースメイク 日焼け止め

―ETVOS、ヴァントルテ、MiMC―人気のミネラルファンデーションを比べてみました。

  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • 肌荒れ・ゆらぎ肌

ここ何年かの間に、ベースメイクのトレンドもナチュラル志向に傾いていますね。
スキンケア同様に、できれば自然派のベースメイクを使いたい!という願望を持つ女性も多いのではないでしょうか。

 

今回は、ナチュラルコスメの人気3ブランドETVOS(エトヴォス)」「VINTORTE(ヴァントルテ)」「MiMC(エムアイエムシー)のミネラルファンデーション(パウダータイプ)を比較してみました。

どれもベストセラー級の優秀品。特徴や使用感の違いをご紹介しますので、選ぶ際の参考になれば幸いです。

はじめにおさらい!
ミネラルファンデーションとは?

そもそも、最近よく耳にする「ミネラルファンデーション」とは一体どんなファンデーションなのでしょうか。

 

一般のファンデーションは、鉱物油など化学成分を使用している製品が多いのが特徴です。

対して、ミネラルファンデーションは、マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄などのミネラルを主成分として作られたファンデーションのことで、タルクやパラベンなど刺激となる成分が入っていないものがほとんどのため、肌に優しいと言われています。 
また、付け心地が軽やかで、クレンジングいらずの点もメリットに。

✔毎日使用しても、肌に重さや息苦しさを感じない

✔ナチュラルな使用感

✔メイク直しの手軽さ

✔素肌が綺麗な人のようにみせてくれる

キレイな素肌のような、
セミマットな仕上がりが特徴

以前、あるメイクアップアーティストさんが、「ファンデーションがキレイですね」と言われるのと、「素肌がきれいですね」と言われるの、どちらがいいですか?とおっしゃっていました。

もちろん、「素肌がキレイ」と言われるほうが女性にとっては嬉しいですよね。

重たいファンデーションを塗り重ねて陶器のようにみせていた昔とは違い、ツヤでアラをとばしたり、セミマットで自然な仕上がりなどが、ミネラルファンデーションの広がりとともに主流になってきています。

 

パウダー容器の使いやすさも進化

昔とくらべ、最近使用して感じたファンデーションの変化は、「パウダーの容器」の使いやすさ。

昔のパウダーファンデーションは、ジャーからパウダーがあふれてしまい、手やパフに大量の粉がついてしまうことに。
その結果、粉を一度落として使用するしかなかったのですが、今は各ブランド、パウダーファンデーションの容器に様々な工夫が施されており、とても使いやすくなっています。

その点についても、今回は下で詳しくご紹介していきたいと思います。

 

ナチュラルコスメ3ブランドの
ミネラルファンデーション

それでは、人気のナチュラルコスメ3ブランドのミネラルファンデーションの特徴をご紹介します。

 

#ETVOS
マットスムースミネラルファンデーション

マットスムースミネラルファンデーション
4g/3,000円(税抜)
【SPF30・PA++】

つけたまま眠れちゃう
ETVOSの人気No.1ファンデーション!

ミネラルメイクで定評のあるETVOSのファンデーションの中でも、人気No.1の製品。
乾燥肌でも使用しやすく、ほどよいカバー力でセミマットな陶器肌に。

カラーは5色展開。

防腐剤、タルク、香料、ワックス、合成着色不使用でつけたまま眠れるというファンデーションです。
美容皮膚科でも採用されていて、施術後の敏感なお肌や、治療中の患者さんにも人気な一品。

容器はジャータイプで、回転式の中蓋があり、粉があふれ出す心配がありません。

エトヴォスのここがおすすめ!

✔美容皮膚科でも採用されている安心感

✔少量でもカバー力あり

✔紫外線カット効果が一番大きい

▷詳細をみる

 

#ヴァントルテ
ミネラルシルクパウダーファンデーション

ミネラルシルクパウダーファンデーション
6g/3700円(税抜)
※初回パフ付き
【SPF25・PA++】

シルクによる保湿力が魅力!
汗に強く、崩れにくいミネラルファンデ

こちらもセミマットな仕上がりで、カバー力は高くありませんが、肌をきれいに見せてくれます。

ナノ粒子、タルク、防腐剤、紫外線吸収剤、界面活性剤、アルコール、オイル、シリコン、香料不使用

シルク配合で保湿力が高く、特殊コーティングによって汗に強く、くずれにくい一品。その上、石けんで落ちる優しさです。

ヴァントルテは、5色あるカラーの中でも、色白の方や明るさを出したい方は「ハイライトベージュ」がおすすめ!

容器はジャータイプで、透明のプラスチックの中蓋がついており、その上にパフを置くようになっているため、パフが汚れず、粉が飛び出しません。

ヴァントルテのここがおすすめ!

✔乾燥しにくい

✔肌のあらを自然に隠してくれる

✔価格は3品の中で最安

▷詳細をみる

 

#MiMC
ミネラルモイストパウダーファンデーション

ミネラルモイストパウダーファンデーション
6g/5,500円(税抜)
【SPF19・PA++】

肌の回復力をサポート!
ポンポン手軽なファンデーション

MiMC(エムアイエムシー)のこだわりは、肌の回復力をサポートする『スキンケアミネラル(酸化亜鉛)』を高配合しているというところ。

カラーは4色で、日本人の肌を美しく見せるカラーを実現。

パウダーなのに、ミネラルの粒子と粒子の小さい隙間から、水分や皮脂が通り抜けるため、皮膚呼吸を妨げません。もちろん、ミンクも石鹸でオフできます。

容器は、粉の入った容器とパフが一体化している『ポンポン容器』タイプで、パフをポンポンと肌にあて、塗りひろげます。

しっかり保湿した後の肌には、少しコツが必要かもしれません。
しかし、手を汚さず使うことができ、お化粧直しもポンポンと手軽です。

MiMCのここがおすすめ!

✔肌荒れしにくく、肌のサポートをしてくれる

✔皮膚呼吸ができる軽さ

✔SPF値が一番低く、家使いにも向いている

▷詳細をみる

 

まとめ ミネラルファンデーションは、
肌が乾燥・ゆらぎ気味の時にも使いやすい!

ミネラルファンデーションは、「VINTORTE」のようにシルク配合で保湿効果のあるもの、「MiMC」のように毛穴をふさがず皮膚呼吸ができるもの、「ETVOS」のように皮膚科でも推奨されているものなど、各ブランド様々な工夫を取り入れた処方になっています。

そのため、乾燥、肌トラブルを繰り返す人や、肌が敏感・ゆらぎ気味な人にもおすすめできるアイテム。

また、普段のベースメイクで、ファンデーションを塗り重ねてしまって、逆に毛穴が強調されたり、しわが目立ってしまったり・・・
そんな人にもナチュラルな仕上がりのミネラルファンデーションをおすすめします。

しっかりカバーしたい部分や、落ちやすい部分はパフで重ねて、ほうれい線や、目の周りなどしわになりやすい部分はブラシでさっとなじませると、ミネラルファンデーションのみでも、自然で綺麗な仕上がりになりますよ。

ぜひ一度、スキンケア感覚で使える人気のミネラルファンデーション、試してみてくださいね!

 

〈掲載商品一覧〉

ETVOS(エトヴォス)

マットスムースミネラルファンデーション

4g/3,000円(税抜)
スターターキットM:1,800円(税抜)
エトヴォス /オンラインショップ・専門店舗

ヴァントルテ

ミネラルシルクファンデーション

6g/3,300円(税抜)
初回限定デビューセット:3,300円(税抜)
ヴァントルテ /オンラインショップ・専門店舗

MiMC エムアイエムシー

ミネラルモイストパウダーファンデーション

6g/5,500円(税抜)
MIMC /オンラインショップ・専門店舗