化粧水

〔比較〕どこが変わったの?リニューアルしたアスタリフトの化粧水、旧商品と比べてみました!

image2016年9月1日にリニューアル新発売された『アスタリフトモイストローション』

これまでのローションとどう変わったのでしょうか。

今まで愛用していた人にもこれから新しく使い始める人にも、その違いを分かりやすく比較・紹介していきます。

 

アスタリフトモイストローションはここがリニューアル!

まずはリニューアルしたことで、新しく加わった成分や機能についてご紹介します。

 

point①:新成分『CLリフレッシャー®』を配合

富士フィルムは、加齢や紫外線・ストレスによってもろく劣化したコラーゲン(=ダメージコラーゲン)が、肌の奥深くに留まって肌の弾力を失わせる上に、フレッシュなコラーゲンの生成を邪魔していたという事実を発見。

そこで、ダメージコラーゲンを取り込む“最重要たんぱく質(=ダメージコラーゲンバキューム(※5))”のはたらきを促進する独自成分「CLリフレッシャー®」を新配合しました。

CLリフレッシャー®を構成する「ナノアスタキサンチン」「レチノール誘導体」「コラーゲンペプチド」が、ダメージコラーゲンを【作らせない!】【取り除く!】【取り除くを加速する!】ことで、深いうるおいとハリのある肌に育てます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-28※ASTALIFT HPより

また「3種のコラーゲン」は、これまでのローションから継続して配合。

ダメージコラーゲンをクリアにし、新しいコラーゲンを補い・育むことで、ピンッと弾むような肌へと導きます。

 ※1独自技術でナノ化したビタミンA、ナノアスタキサンチン、コラーゲンペプチドからなる独自複合成分。
※2パルミチン酸レチノール、ヘマトコッカスプルビアリス油
※3ヘマトコッカスプルビアリス油
※4加水分解コラーゲン
※5ダメージコラーゲンを認識し掃除機のように吸い込んで、コラーゲンの再生を促進する。

 

point②:新感触『モイストアップテクスチャー』

うるおい感と浸透感、両方にこだわった「モイストアップテクスチャー」を採用。

ナノの浸透力で角層のすみずみまでうるおいで満たし、しっとりするのにベタつかない肌に仕上げます。

point2_img※ASTALIFT HPより

 

point③:新開発『スマートレフィル®』

従来のカートリッジタイプから、ポンプヘッドのみの付け替えに。

そのためスリムなサイズを実現し、残量も見やすくなりました。

また交換時にチューブが外に出ないため交換しやすく、(周囲が汚れないため)衛生的です。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-26

※ASTALIFT HPより

 

新旧アスタリフトローションを比較してみました

これまでの「アスタリフトローション(=旧ローション)」とリニューアルした「アスタリフトモイストローション(=新モイストローション)」。

実際に使ってみて分かった2品の違いを紹介していきます。

 

✔リニューアルして、テクスチャーや使用感に変化は?

みずみずしさ・心地よさUP!

手にとった時の見た目やテクスチャーには、大きな違いがありません。
また、ダマスクローズの香りという部分も同じ。

違いは、肌に広げた時の触感です。
新モイストローションの方がみずみずしくなめらかなので、肌全体にスルスル広がります。

新旧どちらも刺激や違和感がなく、敏感肌にも使いやすい一品ですが、新モイストローションは肌すべり・肌当たりが改良され、つけ心地が良くなりました。image

 

✔リニューアルして、肌の仕上がりに変化は?

保湿力はそのままに、肌のふっくら度がUP!

旧ローションは、とろみがあり肌表面のペタペタ感が残るので、化粧水にしては少し重い印象でした。

新モイストローションは、とろみはあるもののみずみずしいので肌にしっかり浸透。
内部はうるおい満タン肌表面はサラッと仕上がります。

そのため、保湿力や持続性などいい部分は変わらない上に、次につけるものの「肌ノリ」や「フィット感」が高まりました。

浸透後の肌イメージは、旧ローションは「もっちり」、新モイストローションは「ふっくら」という感じ。

みずみずしいしっとり感になったことで、(いい意味で)エイジング化粧水らしさが薄れ、より幅広い年代の人にも使いやすくなりました。image

 

✔リニューアルして、コスパはどっちが高い?

新モイストローションの方がコスパ良し!

旧ローションの内容量は150ml・新モイストローションは130mlで、価格はどちらも3,800円(税抜)です。

そのためパッと見た印象では、旧ローションの方がお得感がありますよね。

しかし内容量と同時に、1回の使用量の目安も見直されています。

\一回の使用量の目安/

□旧→ポンプ3~4回
■新→ポンプ2~3回

旧ローションをポンプ4回で小さじ2/3程度(3.2ml)に。
新モイストローションをポンプ3回で小さじ1/3程度(1.6ml)になります。

そのため1品を使い切るのに、旧ローションは46回、新モイストローションは81回使える計算となり、新モイストローションの方がよりコスパが高いと言えるのです。
(もちろんコスパは量だけでなく質も関係してきますが、新モイストローションの質の高さは上で実証済み。)image

 

その他には?

「スマートレフィル®」に変更され、メリットがたくさん♪

旧ローションは・・・上部のリングを外す→外容器から内容器を外して新しいものに詰め替える→リングを締めて完成。

新モイストローションは・・・キャップを外す→詰め替えボトルにキャップを付け替えて完成。

それぞれこのような詰め替え方法でした。

そのため、新モイストローションに代わることで以下のようなメリットが増えたのです。

【スマートレフィルになったことによるメリット】

✔詰め替えのステップが減りラクチンに。
✔サイズがスリムに。
✔残量が見やすくなった。
✔ポンプヘッドのみの付け替えるなので、交換時にチューブが外に出ず衛生的。

 

これまで旧ローションを使っていた人も、詰め替えやすくなったと感じること間違いなしです♪image

\結論!/

新モイストローションは、機能性・仕上がり・使いやすさがUP!

✔ダメージコラーゲンをクリアにし、肌にハリや弾力をもたらす、新しいコラーゲンケア。

✔うるおいと浸透力UPで、いつまでもみずみずしくふっくらした肌に。

✔コスパや詰め替えやすさなど、メリットも増!

これまでのアスタリフトローションも充分な使用実感・保湿力がありましたが、今回のリニューアルに伴いさらにパワーアップ!

今まで愛用していた人も初めて使う人も、新モイストローションに魅力を感じるはずです。ぜひお試しください♪image

 

リニューアルしたモイストローションが入ったトライアルセット

image

送料無料 

〈セット内容〉
・ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包
・モイストローション 18ml
・エッセンスディスティニー 5ml
・クリーム 5g
 

→アスタリフト公式サイト

 

夏はアスタリフトホワイトがおすすめ!

image

アスタリフトホワイト ローション
150ml/4,104円(税込)
アスタリフトホワイト クリーム
30g/5,400円(税込)
富士フイルム/公式オンラインショップ・ドラッグストア・専門店舗

トライアルセット:1,000円(税抜)

→アスタリフトホワイト公式サイト

 

<掲載商品>image

アスタリフト モイストローション
130ml/3,800円(税抜)
富士フイルム
公式オンラインショップ・ドラッグストア・専門店舗

トライアルセット:1,000円(税抜)

→アスタリフト公式サイト