クレンジング

〔比較〕クレンジングオイルの選び方・使い方〜人気のクレンジングオイルを比較しました!〜

  • 乾燥肌
  • 敏感肌

imageメイクなじみが良く、高い洗浄力が魅力の「クレンジングオイル」。その反面、必要な皮脂やうるおいまで落としてしまうのではないかと心配な点も・・。

しかし、正しい選び方・使い方をすれば、クレンジングオイルも肌の味方となり安心して使えます。
今回は、そのポイントに触れつつ、肌にやさしいと人気のクレンジングオイル3種類を比較しました。

 

  

クレンジングオイルの選び方と使い方

imageクレンジングオイルの洗浄力が強いのは、ミルクやジェルタイプのものと比べて「界面活性剤」が多く含まれているため。それが肌への刺激や負担となってしまうことがあります。
そのため、界面活性剤はもちろん、その他の余分な機能(着色料や鉱物油)を含まない「無添加」処方の商品を選びましょう。

また、なめらかな感触だからと強くマッサージしたり、少ない使用量でゴシゴシとこすってはいけません。
肌を傷つけたり、乾燥させてしまい、肌トラブルを引き起こす原因となります。

クレンジングオイルは、肌に優しい成分をものを選び、肌の上をすべらせるようになじませながら使うことがポイントです。

  

人気のクレンジングオイル
比べてみました!

image普通肌から悩み肌まで、多くの人から支持されている「ファンケル」「DHC」「無印良品」のクレンジングオイル。
この3種類を実際に試し、比較してみました!

  

3ブランドのクレンジングオイル
それぞれの商品特長

image\ファンケル/
120ml 1,870円(税込価格)
  トライアルボトル60mL:500円(税込)

石油系界面活性剤・香料・鉱物油・紫外線吸収剤・着色料不使用
こすらない「するんとオフオイル」で肌をいたわる。まつげエクステを付けていても使用できるオイルクレンジング。

 

image\DHC/
120ml 1,634円(税込価格)

石油系界面活性剤・香料・パラベン・鉱物油不使用
高級のさらに上とされている「オリーブバージンオイル」をはじめ「甘草誘導体」や「ビタミンE」を含んだ植物性オイル。
まつげエクステを付けていても使用できるオイルクレンジング。

 

image\無印良品/
200ml 750円(税込価格)

着色・香料・鉱物油・アルコール不使用
「オリーブオイル」や「ホホバオイル」配合でメイクをしっかり落とし、「アンズ果汁」や「桃の葉エキス」配合で洗い上がりもうるおいを残す。

 

image

  

コメント

\使用感が良いクレンジングオイルは?/

ファンケル 4.0点 ★★★★
DHC 2.5点 ★★
無印良品 3.5点 ★★★

ファンケルは水のようにサラッとしていて独特なオイル感もなし。軽いすすぎでキチンと落ち、洗い上がりの肌は落ち着いています。

DHCは、『THEオリーブオイル』!オイル特有の香りや、塗った時の重い感じが少し苦手でした。
無印良品もサラッと軽く、オイルのヌルつきもあまり感じません。ファンケル同様、すすぎ後の肌は落ち着いていました。

  

\洗浄力が高いクレンジングオイルは?/

無印良品 4.0点 ★★★
ファンケル 3.5点 ★★★
DHC 3.0点 ★★★ 

ファンケル、DHCともに、ベースメイクや角栓などの汚れ落ちは実感できましたが、ウォータープルーフマスカラが少し残ってしまいます。

無印良品は、ベースメイクからポイントメイク、さらに肌の汚れまでしっかり落ち、つるつるとした肌に仕上がりました。

  

\うるおいと肌への優しさを感じた
クレンジングオイルは?/

ファンケル 3.5点 ★★★
無印良品 3.0点 ★★★
DHC 2.0点 ★★

ファンケルは、とろみがクッションとなり、肌に直接触れていない感覚。そのため摩擦の負担を掛けなくても“こすらずスルン”とメイクが溶けていきます。
洗い上がり後も、しばらくはうるおいが残っていました。

また、商品ひとつひとつに“フレッシュ期間”の設定がある点などからも、肌へのこだわりや気遣いが感じられます。
ただ、無添加とはいえ、植物エキスのような分かりやすい成分ばかりではないので、配合成分までしっかり把握したい人には気になる点かも…。

DHCは、なめらかで肌すべりも良いですが、洗浄力がもっとも強く、メイクや汚れと同時に肌の必要な皮脂なども落ちてしまったような感じ。すすぎ後、うるおいはあまり感じられず、次第につっぱり感が出てきてしまいます。

無印良品は、洗い上がり後もしばらくうるおいが残ります。成分も植物性なので安心。
ただ、使用感などの大きな特長がないので、可もなく不可もなくといった感じ。「とろみやリッチ感は不要・シンプルが好き」という人にはいいですね。

  

\総合評価/

No.1 ファンケル(3.6点)
No.2 無印良品(3.5点)
No.3 DHC(2.5点)

ファンケルと無印良品で迷いましたが…僅差でファンケルがNo.1!
1番の魅力は、説明通り、肌をこすらずメイクをするん!と溶かし落とせたこと。また、こすらないクレンジングを続けることで、肌がどう変化していくかの期待も込めてのNo.1です。

無印良品は、洗浄力が高く、植物由来の配合成分。シンプルで無印良品らしい商品だと思います。
すすぎ後の肌の柔らかさをうるおいと感じる人もいれば、スッキリ感がないと感じる人もいるかもしれないのでNo.2に。

DHCは、安心の植物性、質の高いオイルのリッチ感は魅力ですが、重めなテクスチャーと洗浄力の強さが気になります。
毎日続けるものなので、使い心地や肌仕上がりも重要。ということでNo.3です。
image

  

まとめ

クレンジングオイルを実際に使ってみて、やはり他のクレンジング剤に比べ、「圧倒的なメイク落ち」を実感しました。

そのため、配合成分や商品の特長をよく知り、肌に負担が掛からないものを選ぶことが重要です。
敏感肌や乾燥肌は、他のタイプのクレンジング剤と併用して、週1.2回の角栓角質ケアとしてオイルタイプを使うのもいいですね。

また、使用後は肌に優しい洗顔料や、保湿力が高い化粧水を合わせるようにしましょう!

 

〈掲載商品一覧〉

image

ファンケル マイルドクレンジングオイル
120ml/1,870円(税込)
公式オンラインショップ・専門店舗
  トライアルボトル60mL:500円(税込)
→ファンケル公式サイト

 

image

DHC 薬用ディープクレンジングオイル
120ml 1,634円(税込)
公式オンラインショップ・ドラッグストア・専門店舗
→DHC公式サイト

 

image

無印良品 マイルドオイルクレンジング
200ml 750円(税込)
専門店舗・オンラインショップ
→無印良品公式ネットストア