〔COLUMN〕そろそろちゃんとケアしたい、小鼻の「角栓」!おすすめのお手入れ方法は?

  • 毛穴

pic「至近距離で顔を見られるのが苦手!!」
「自分のすっぴんを鏡で見てがっかり。」

どうしても目に入ってくる、鼻の毛穴の黒ずみ・・・。
今回は、多くの女性が抱える肌悩み、鼻の「角栓」についてお伝えします。

そもそも鼻の角栓っていったい何??

鼻の角栓の原因は、「余分な皮脂」「古い角質」「汚れ」です。

70%は、主成分がたんぱく質である「古い角質」
皮脂が占める割合は残りの30%ほどで、意外と割合としては少ないのです。

なぜ鼻の角栓ができるの?

\鼻の角栓の主な原因は・・・/

・過剰な皮脂分泌
→ホルモンバランスや食生活の乱れなど

・ターンオーバーの遅れ
→加齢や睡眠不足など

・油性化粧品の多用
→リキッドファンデーションなど

・洗顔や角質ケアのしすぎ
→角栓が気になるからといってごしごし洗顔やピーリングのしすぎは、乾燥を招き、余計肌に肌ダメージを与えます。

鼻の角栓には白と黒がある!

鼻の角栓には、「白い角栓」「黒い角栓」の2種類あります。

黒い角栓は、白い角栓が酸化したもの。
つまり、長く放置しておくと黒い角栓=黒ずみへと変化してしまうのです。

つるつる小鼻になるために角栓や黒ずみのケア方法は?

つるつる小鼻に近づくスキンケアとしては、クレイパック酵素洗顔がおすすめ!

鼻の角栓や毛穴の奥に詰まった汚れを吸着する他、ターンオーバーの促進効果もあるため、肌のくすみが気になる人も試してみてはいかがでしょう。image

とはいえ、肌をこすったり、洗顔やパックのしすぎには要注意!
乾燥肌の人は、特に週1回程度にしましょう。気になる部分にだけ使い、クレイパックや洗顔後は、しっかりと保湿をすることが大切です。

化粧水や美容液など洗顔後のケアには、抗酸化作用や皮脂の過剰分泌防止などの効果がある「ビタミンC誘導体」の入ったアイテムを使うといいでしょう。

どうしても角栓を改善できない場合は

決して無理に押し出したりせず、専門サロンなどで吸引などのお手入れをおすすめします。

まとめ

pic1年中通して油断できない、小鼻の「角栓」。
夏の毛穴は開きやすく、開いた毛穴に汚れが溜まりやすい傾向に。洗顔後、ローションパックなどでの引き締めケアも効果的です。
また、冬は毛穴が開きにくく、汚れが落としにくいため、洗顔前はホットタオルで温めるのもおすすめです!

そして、生活リズムを整えることも大切なお手入れのひとつ。
鼻の黒ずみや角栓が気にならない、すっぴん美肌を目指しましょう!