BB・CCクリーム 化粧下地・ベースメイク

〔比較〕2018年新作「美白CCクリーム」3ブランド 使用感や仕上がりを比べてみました

  • 乾燥肌
  • 保湿・うるおい
  • 敏感肌
  • 美白

2018年、美白アイテムの進化は化粧水や美容液などにとどまることなく、高機能な「美白CCクリーム」も話題を集めています。

引き続き“ナチュラルメイク”がブームであることからも、手軽にサッとナチュラル肌を作れるベースメイクアイテムに、美白機能が備わっているのは嬉しいポイント。

そこで今回は、2018年発売の新作・美白CCクリームから、

✔サエル ホワイトCCクリーム コンセントレート
✔トランシーノ 薬用美白CCクリーム
✔米肌 澄肌ホワイトCCクリーム

の3ブランドをピックアップし、各CCクリームの特長や使い心地などを比較していきます。

普段、CCクリームを愛用している人も、ナチュラルなベースメイクで美白したい!と考えている人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

  

\そもそも/
CCクリームってどんなアイテム?

「CCクリーム」とは、スキンケアと肌色の補正、両方の機能もったベースメイクアイテムを指します。
素肌をナチュラルに整えながらも、より肌色をきれいに見せる効果が人気のポイント。

  

ちなみに・・・
BBクリームとの違いは

名前や機能性自体も似ている「BBクリーム」は、カバー力をより重視。比べると、CCクリームはナチュラルな仕上がりになることが多いです。

アイテムにもよりますが、肌へのやさしさを求める敏感肌・乾燥肌には、スキンケア効果の高い「CCクリーム」がよりおすすめ。

また、今回使用するCCクリームは、どれも高いUVカット効果を兼ね備えているので、真夏の時期にピッタリなアイテムと言えます。

  

美白CCクリーム
3ブランドの特長

各CCクリームの成分や美白機能、それぞれの使用感について解説します。

  

①サエル ホワイトCCクリーム
コンセントレート

ホワイトCCクリーム 4,860円(税込)
25g(約4ヶ月分)

10日間トライアルセット:1,480円

敏感肌向け美白スキンケアブランド「サエル」の日中用クリーム。
排気ガス・化学スモッグ・タバコなどの“環境ストレス”による肌ダメージをケアしながら、1日中透明感のある肌をキープします。

【美白ケア】

✔UV機能
SPF50+・PA++++

✔持続性のある透明感を演出
やわらかな光を演出する「ソフトフォーカス効果」をもつ球状の粉体に、皮脂を吸着すると光拡散効果が高まる粉体を組み合わせて配合。
時間差で光を拡散し、透明感あふれる肌を持続させます。

✔3色くすみに対応
青・赤・黃ぐすみに対応した偏光パール「トリプルライティングパール」を配合。くすみが目立ちやすい敏感肌を明るく、さえわたる肌に導きます。

✔シミそばかすを防ぐ
「アーティチョークエキス」
がメラニン生成を抑制。また、毛穴の目立ちを防ぎます。

【その他の特長】

✔カラー
ライトベージュ(1色)

✔敏感肌にやさしい処方
紫外線吸収剤不使用/無香料/アレルギーテスト済
「オウゴン根エキス」や独自成分「ストレスバリアコンプレックスCL®」が、環境ストレスによる肌老化にアプローチ。

✔美肌成分で肌を全方位的にケア
角質保護成分「ヴァイタサイクルヴェール」や「エクトイン」が肌をうるおす&バリア機能を高めます

サエルの使い方

スキンケアの後、CCクリームを指先に適量(小さめのパール1粒分)取り、肌になじませます。

 

サエルの使い心地は?

まろやかさもあるみずみずしいクリーム。
伸びが良く、日焼け止めやベースメイクというより“美容液”のような使用感です。

薄付きですが、赤みやニキビを自然にカバーしてくれ、ツヤのあるイキイキとした肌に仕上がります。

また、夕方まで続く軽い付け心地もお気に入り。

敏感肌向けブランドということもあり、SPF50+/PA++++という業界最高値のUV効果でありながら、刺激は控えめで。
長時間、うるおいも持続していました。

▷詳細をみる

 

 

  

②トランシーノ
薬用ホワイトニング CCクリーム

薬用ホワイトニングCCクリーム 2,600円(税別)
30g(約2ヶ月分)

美白・乳液・日焼け止め・下地・色補正と、1本5役を担うトランシーノのCCクリーム。

美白・キメの乱れ・環境ダメージにアプローチする他、肌への優しさとウォータープルーフ処方による落ちにくさにも定評があります。

【美白ケア】

✔UV機能
SPF50+・PA++++
ウォータープルーフ処方のため、海やプールなどのレジャーが多く「落ちにくさ」を重視する人にも満足できる1品です。

✔シミそばかすを予防
シミ情報をブロックする有効成分「トラネキサム酸」を配合。

✔透明感に即効アプローチ
「角質層リファイン成分」が肌をうるおし、キメを整えることで、素早く透明感を高めます。

【その他の特長】

✔カラー
自然なマルチベージュ(1色)

✔環境ダメージにも着目
うるおい成分が、紫外線やPM2.5による肌ダメージをケア。

✔肌へのやさしさを考えた処方
低刺激性/アレルギーテスト済/無香料

トランシーノの使い方

①化粧水で肌を整えた後、指先にCCクリームを適量(大きめのパール粒1つ分)取ります。
②額・両頬・鼻・あごの5箇所にのせ、内側から外側に広げましょう。

※しっかりカバーしたい部分には、少量ずつ重ねづけしてください。

 

トランシーノの使用感

サラッとした付け心地で、うっすらヴェールに包まれ、パウダーファンデーションをつけたような仕上がりです。

テクスチャー自体はピンクがかった色味ですが、肌にのばすとナチュラルになじみます。
白浮きもありませんでした。

特に刺激はないものの、保湿感は控えめ。時間が経つと、乾燥や小じわが少し気になりました。
また、毛穴のカバー力はあるものの、赤みやニキビはあまり隠れません。

乾燥肌レベルが低く、肌の色ムラやニキビ跡などが少なめ(=カバー力より、薄付きを重視)な人におすすめのCCクリームです。

▷詳細をみる

 

 

  

③米肌
澄肌ホワイト CCクリーム

澄肌ホワイトCCクリーム 3,500円(税別)

クリーム・日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・フェイスパウダーと、1品6役の多機能CCクリーム。

汗や皮脂(&皮脂ぐすみ)・紫外線ダメージをしっかりとケアし、肌に自然な透明感を与えます。

【美白ケア】

✔UV機能
SPF50+・ PA++++

✔自然なカバー力で透明感をキープ
3色の肌色コントロールパウダーで、シミやくすみ・赤みを自然にカバー。
また、皮脂ぐすみを防ぐ「さらさらエアインパウダーEX」が透明感を長時間キープします。

【その他の特長】

✔色の種類
00( やや明るい肌色)と01( 普通の明るさの肌色)の2色

✔米肌ならではのうるおい成分
保湿成分(米発酵液や米ぬか酵素分解エキス、ハトムギ発酵液など)が肌をやさしくしっかりとうるおいします。

✔皮脂や毛穴にアプローチ
「毛穴ロックポリマー」、「皮脂吸着パウダー」でしっかりカバー。毛穴崩れや化粧崩れを防ぎます。

✔肌への優しさ
無香料/弱酸性/鉱物油フリー/タール系色素フリー

米肌の使い方

①手の甲に1プッシュ出し、指先で平らに伸ばします。
②中指・薬指の指の腹で、両頬・額・あご・鼻にスタンプ。顔内側から外側へ、たたき込むようになじませます。

 

米肌の使用感は?

無香料ですが、柑橘系のさっぱりとした香りを感じます。

パウダーが入っているようなマットな質感で、つけ心地もパウダーファンデーションのようにサラッと。
3アイテムの中では、1番テクスチャーがしっかりしていることもあり、カバー力高めでした◎

また、2色展開なので、今の肌色に合わせて選べる点がうれしいですね。

保湿力に関しては、3アイテムの中では1番軽めで、日中に少し乾燥が気になりました。ベタつきやすい時期や、脂性肌タイプに向いていると思います。
また、目元や口元など、小じわが気になる箇所には薄く塗るのがおすすめ。

植物由来成分が配合されている点など、肌へのやさしさも考えられた一品でしょう。

▷詳細をみる

 

  

こんな肌にはこのブランド
目的別CCクリームを発表!

美白ケアの機能性が高いのは?

♯トランシーノ

美白有効成分「トラネキサム酸」配合。UV対策しながら、肝斑(かんぱん)などのシミ悩みにも働きかけます。

また、ウォータープルーフ処方なので、真夏のレジャーやアウトドアにもオススメ。

日焼け止め特有のサラッとした付け心地は少しありますが、高い美白効果に期待がもてる一品です。

▷詳細をみる

 

カバー力が高いのは?

♯米肌

他の2品と比較しても、カバー力の高さが際立ちます。
毛穴や肌ムラをカラーコントロールすることで、陶器のようなサラサラ肌に。

また、「米ぬか発酵分解エキス」や「米発酵液」など、植物由来のやさしい保湿効果も魅力。
毛穴や皮脂くずれを防いでくれるため、夏場の崩れたくないベースメイクに最適でしょう。

▷詳細をみる

 

保湿力や肌へのやさしさ重視なら?

♯サエル

美容液のようなつけ心地や、持続性の高いしっとり感が魅力。

また、特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が外的刺激から肌を守り、バリア機能を高めることで、うるおいを逃さない肌に近づけます。

カバー力はナチュラルなので、肌をよりきれいに見せたい時には、仕上げにパウダーファンデーションをプラスすると良さそう。

▷詳細をみる

 

  

\まとめ/
今年の美白CCクリームは、どれも崩れにくさやスキンケア効果など平均点が高い!

2018年の新作CCクリーム3ブランドを比較しましたが、いかがでしたか?


どれも高いUV機能はもちろん、肌へのやさしさやナチュラル×カバー力の高さに定評があるものばかり。

「あれもこれも叶えたい!」という欲張りな夏の願いにもきっと応えてくれるはずです。

この夏は、高機能な美白CCクリームで、手軽にナチュラル美肌を完成させちゃいましょう。

 

ちなみに・・
個人的「コレ買い!」CCクリーム

♯サエル

個人的No.1は、「サエル」のCCクリーム。
マットなサラサラ肌より、ツヤ感の高い仕上がりが好みの方におすすめです。

メイク下地としても使用できるので、1アイテムだとナチュラルに、上からファンデを重ねればしっかりメイクに◎
どちらにも重宝するアイテムでしょう。

▷詳細をみる

 

ちなみに、部分的にカバーしたい時には「米肌」がおすすめ。

頬や鼻など、テカリや肌荒れが気になる部分にだけコンシーラーのように使用すると、きれいに仕上がりますよ。

▷詳細をみる

 

それぞれの美白CCクリームの強みを知って、うまく使い分けるのも一手!
ぜひ、お試しくださいね。

 

〈掲載商品一覧〉

DECENCIA(ディセンシア)

サエル ホワイト CCクリームコンセントレート

25g/4,500円(税抜)
トライアルセット:1,480円(税込)
DECENCIA(ディセンシア) /オンラインショップ

トランシーノ

薬用ホワイトニングCCクリーム

30g/2,600円(税抜)
第一三共ヘルスケア /ドラッグストア

米肌

澄肌ホワイトCCクリーム

30ml/3,500円(税抜)
コーセープロビジョン /オンラインショップ