美容液

アスタリフト インフォーカス セルアクティブセラム 幹細胞にアプローチする成分配合の美容液をレビュー

  • アンチエイジング
  • 乾燥肌
  • 保湿・うるおい

アスタリフト

インフォーカス セルアクティブセラム

30mL/13,200円(税込)
富士フイルム /オンラインショップ・専門店舗

 

2017年に登場したアスタリフトの新スキンケア「ASTALIFT IN-FOCUS(アスタリフト イン・フォーカス)」は、肌本来の美しくなろうとする力に着目し、輝きと豊かなハリに満ちた肌へと導くワンランク上のエイジングケアシリーズです。

今回は、こちらの美容液「セルアクティブセラム」について成分や使用感を詳しくレビューしていきたいと思います。

 

富士フイルムのスキンケア

アスタリフトのメーカーである「富士フイルム」では、写真分野で培った技術を応用し、アスタリフトなどの化粧品開発につなげてきました。

写真とスキンケアをつなぐ4つのテクノロジー

#01 必要な箇所へ成分を届けるための「ナノテクノロジー
#02 写真フィルムの主成分である「コラーゲン研究
#03 “色あせ”を防ぐ「抗酸化技術
#04 写真を美しく見せる「光解析・コントロール技術

▷詳細をみる

 

アスタリフト イン・フォーカス「セルアクティブセラム」の成分と特長

アスタリフトの新ブランド「アスタリフト イン・フォーカス」の第一弾アイテムとして発売された美容液が、こちらの「セルアクティブセラム」です。

 

2大エイジングケア成分配合で幹細胞にアプローチする美容液

新しい細胞を生み出す母細胞である「幹細胞」は、しわやたるみ、くすみなどの肌の老化にも大きく関わる大切な存在。肌には、それぞれ別の役割を担う「真皮幹細胞」と「表皮幹細胞」の2つの幹細胞があります。

アスタリフトインフォーカスのセルアクティブセラムには、その幹細胞にアプローチする2つの成分が配合されています。

 

①「ナノセルアクティブ

ボスウェリアセラタエキス、リンゴ果実培養細胞エキスからなるエイジングケア成分「ナノセルアクティブ」。

細胞の動きを活性化する「ボスウェリン酸」の力で、質の良い幹細胞へ。そして、みずみずしいハリ肌へと導きます。

 

 

②「ナノアスタキサンチンCP+」

アスタリフトインフォーカスでは、紫外線などの外的刺激による「酸化ストレス」と、細胞が増えることによる「細胞複製ストレス」の2つのストレスが時間の経過によるエイジングを促進している事実に着目しています。

そこで、アスタリフト共通成分の「アスタキサンチン」ビタミンBとEの誘導体である「ニコチン酸トコフェロール」を組み合わせ、独自技術でナノ分散させた「ナノアスタキサンチンCP+」をシリーズのメイン成分として配合。

「アスタキサンチン」の高い抗酸化作用で「酸化ストレス」を抑制し、「ニコチン酸トコフェロール」で細胞複製ストレスを抑え、幹細胞の経時変化を食い止めます。

 

ジェルタイプで優雅な香りが特長

美容成分を含んだオイルを微細な粒子にして高密度配合する「イオンセンシング技術」により、肌にのせるとイオンが反応してみずみずしく変化。新感覚のジェル状美容液となっています。

また、さわやかな「ベルガモット」を基調とした優雅な香りもポイント。ローズジャスミン、ムスク、ウッディ、アンバーなどを調合することで、心満たされる趣深い香りに仕上がっています。

▷詳細をみる

 

アスタリフト インフォーカス セルアクティブセラムの使い方

①朝晩、化粧水の後にポンプ2〜3プッシュ分の美容液を手にとり、顔全体にやさしくなじませます。

②しっかりと押さえ込むように浸透させましょう。

 

アスタリフトのスキンケアとの
併用がおすすめです。

▷詳細をみる

 

実際に使ってレビューしました

ユーザーデータ
季節:夏〜秋
使った時の肌コンディション
特に大きな肌トラブルはないが、季節の変わり目で肌の調子は低下気味。

今回使用した、アスタリフトの「インフォーカス セルアクティブセラム」。
保湿力やエイジングケア効果はどうでしょうか?

テクスチャー

ぷるぷるジェル
オレンジ色。ぷるぷるでみずみずしいジェルのような質感。

香り

あり
アスタリスト共通のローズ系の香りにも似ている。ベルガモットを基調とした心地よい香り。

使用感:

肌の上にのせた瞬間、溶けるようにみずみずしく変化。浸透力の高さが感じられる。

保湿力:◎

美容液単体で見てもしっとりと保湿される。

効果実感:◎

すべすべなめらかで、ぷるぷるのハリ肌に。

肌へのやさしさ:◯

少しアルコールの匂いを感じる。特に肌当たりの強さはなし。

コスパ:◯

1回あたり約220円

金額は通常のアスタリフトの美容液「エッセンスデスティニー」に比べると高価。
ただし、肌本来の肌の細胞を作り出すはたらきを促す効果にはこちらの方が期待ができる。

その他特徴

・詰め替え対応容器「スマートレフィル®」を採用。

こんな人にぴったり!

・肌本来の力にアプローチするエイジングケア美容液を使いたい人。
・使用感がみずみずしくもしっとりする美容液をお探しの人。
・ナノの浸透力の高さを実感したい人。

おすすめ肌質・肌悩み

乾燥肌・敏感肌・混合肌・脂性肌・シミそばかす・くすみ・しわ・たるみ・ザラつき・肌のキメ・毛穴・大人ニキビ・肌荒れ

おすすめ年代

20代後半・30代・40代・50代〜

 

総合評価  3.8 ★★★★☆

良い点

・心地よい優雅な香り。
・ハリ実感に即効性あり。
・肌がなめらかに整う。
・幹細胞に働きかける機能面。

惜しい点

・通常のアスタリフトシリーズと比べてしまうと、少し高価。

 

これまでのアスタリフトにはなかった“肌の細胞を作り出す「幹細胞」活性”に着目することで、独自の成分配合が魅力の高機能美容液。

その効果は、ハリ感だけに留まらず、使い続けることで肌の細胞がより生き生きとするという、長く使い続けたいと思えるコンセプトと使用感です。

手の上にのせた瞬間から、まるで体温で溶けるかのようにみずみずしく変化。しっとりとなじみ、美容液単体でもうるおいを感じられました。

使用した翌朝までハリは持続し、メイクのりも良し。調子のいい肌を保つことができました。肌のハリ感やなめらかさの即効性を実感できる美容液です。

 

アスタリフトの美容液 エッセンスインフィニティとの違いは?

アスタリフトの美容液「エッセンスインフィニティ」ともテクスチャーなどの見た目はよく似ていますが、エッセンスインフィニティの方がさらにみずみずしい質感で、 香りもインフォーカスより抑えめだと感じました。

どちらも仕上がりの後肌は、しっとり&ぷるんとしたハリ感がでました。価格や、幹細胞への着目・高機能な成分などをみて、どちらか選択することをおすすめします。

 

アスタリフトベーシックのスキンケアとライン使いしてみました

インフォーカス セルアクティブセラムをほかのブランドの化粧水やクリームと使うより、やはり、アスタリフトのスキンケアと併せて使用する方が、よりぷるぷる肌への仕上がりに違いを感じました。ふっくらとしたハリ感がでて、なめらかな肌になるのがわかります。

通常のアスタリフトのライン使いより高価にはなりますが、その期待値は高いです。

 

✔乾燥肌へのおすすめ度

◯ しっとりとなじみ、美容液単体でも保湿力を感じます。他ブランドの軽めの化粧水を使った際は、翌朝少し乾燥を感じました。一緒に使う化粧水やクリームもアスタリフトで揃えるか、保湿感がしっかり高いブランドを選びましょう。

 

✔敏感肌へのおすすめ度

◯ ふわっとアルコールの香りはしましたが、刺激など強くないので、敏感肌にも使いやすいアイテム。敏感肌向けの処方ではないので、様子を見ながら使ってみましょう。

 

〈掲載商品一覧〉

アスタリフト

インフォーカス セルアクティブセラム

30mL/13,200円(税込)
富士フイルム /オンラインショップ・専門店舗

  

アスタリフト その他のスキンケア

#先行美容液のジェリーアクアリスタ

ジェリーアクアリスタ

 

#夜用クリームのナイトチャージクリーム

ナイトチャージクリーム

 

#保湿とエイジングケアのアスタリフト

アスタリフト

 

#エイジングケアと美白のアスタリフトホワイト

アスタリフトホワイト