クレンジング

クレンジングバームを比較!W洗顔不要や配合成分が魅力のRMKやデュオ 人気3ブランドの違いを使い比べてみました

  • 保湿・うるおい

オイル、クリーム、ウォータータイプ・・・様々なタイプから選べるクレンジング剤。

その中でも今回は、うるおいと洗浄力の両立が魅力の「クレンジングバーム」を使ってみました。

クレンジングバームとは?

最初はバーム(固形タイプ)の質感。手のひらにとると体温で溶け、そのまま肌にのせてメイクとなじませることで、よりとろけるような心地よさが人気に。

マッサージやトリートメント感覚でも使え、洗浄力と肌当たりの優しさを兼ね備えたのが「クレンジングバーム」です。

RMKやデュオなど人気クレンジングバームを使い比べてみました

今回試した3種類のクレンジングバームは、
✔「RMK モイストクレンジングバーム」
✔「DUOザ・クレンジングバーム」
✔「ジュエルスキン クレンジングバーム」
です。

いずれもジャータイプのパッケージで、中にはスパチュラがついています。やわらかいマーガリンのようなテクスチャーで、手に取ると、じんわりとろけてオイルのように。W洗顔不要(1つで、クレンジング+洗顔料の役割)もうれしい特長!

 

まずは、それぞれのクレンジングバームの特徴をお伝えします。

 

■RMK モイストクレンジングバーム

100g/3,520円(税込)

※この商品は2020年4月にリニューアルしています。

 

保湿成分:シアバター、マンゴー種子バター、アボカドオイル、ローズヒップオイル、サトウキビ由来スクワラン、オリーブオイルなど。

使用感:マスカット大を手に取り、顔に馴染ませるとするするとなじむ。メイク残りなく、すすいだ後にしっとり感が残る。

✔ピンク色のシャーベットのようでフルーティーな香りが特徴的。

✔合成、天然などエモリエント剤が多く使用されていて、使用時のしっとり感にこだわった製品。

✔肌はツルンと仕上がる印象。さっぱりがお好きな方には油膜感が気になるかも。

RMK モイストクレンジングバーム

※この商品は2020年4月にリニューアルしています。

 

 

■DUO ザ・クレンジングバーム

90g/3,960円(税込)

※この商品は2019年8月にリニューアルしています。

 

保湿成分:加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミドなど。

使用感:肌にのせた時にもったり感があり、塗布後の見た目は、乳白色でツルンとしたロウのよう。洗い上がりは、さっと流せてすっきりするが、ほどよい保湿感。

✔白色で、RMKよりは少し硬めのテクスチャー。天然のローズの香り。

✔パラベン・鉱物油・石油系油脂・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・アルコール不使用。

✔「RMK クレンジングバーム」よりも天然の成分を多く使用している印象。

✔W洗顔をしなくてもしっかりと落ちる。

DUO ザ・クレンジングバーム

※この商品は2019年8月にリニューアルしています。

 

 

■ジュエルスキン クレンジングバーム

90g/2,750円(税込)

※この商品は2020年10月にリニューアルしています。

 

保湿成分:シアバター・シラカバなど豊富な植物成分、マリンプラセンタエキスなど。

使用感:「DUOザ・クレンジングバーム」と、見た目・テクスチャー・使用感もほとんど同じで、香りだけが違うのではないかと思ったほど。しいて言うなら、「ジュエルスキン」の方が、ほんの少しだけ洗い流せるまでの時間が早いような気がする 、という程度。

✔白色でテクスチャーは「DUO ザ・クレンジングバーム」とほぼ同じ!香りは、ガムのような甘い柑橘系の香り。

✔パラベン・鉱物油・石油系合成界面活性剤・エタノール・旧表示指定成分・着色料不使用。

✔こだわりや主な成分も「DUO ザ・クレンジングバーム」と似ている。

ジュエルスキン クレンジングバーム

※この商品は2020年10月にリニューアルしています。

 

3つのクレンジングバームに共通して配合されている洗浄成分は、「トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル」というもの。肌への刺激は少ないと言われている界面活性剤で、乾燥肌や敏感肌でも使用できそうです。

 

人気のクレンジングバーム、ランキングをつけるなら・・・

どのクレンジングバームも使用感はとてもよく似ていますが、ランキングにしてみるとこんな感じになりました!

 

1位
ジュエルスキン クレンジングバーム

「DUO ザ・クレンジングバーム」と使用感は似ているのに、価格がお手頃で、「プラセンタエキス」が入っているという点も魅力的。洗い上がりも油膜が残っている感じはなく、しっとりとしていてエイジングケアの効果も期待できそう。

ジュエルスキン クレンジングバーム

 

2位
DUO ザ・クレンジングバーム

天然のローズのような上品な香りが魅力的。成分にもこだわりあり。植物エキスが複数配合されており、しっとりとしていて肌の調子が整いそう。

DUO ザ・クレンジングバーム

 

3位
RMK モイストクレンジングバーム

香りや洗い上がりのしっとり感が良いです。しかし、上記の2つほど、成分にこだわりは見えず、着色料が入っている点もややケミカル寄りな印象です。

RMK モイストクレンジングバーム

 

クレンジングバームの比較まとめ

いずれもW洗顔不要で、それぞれ植物エキスや美容成分が配合されており、クレンジングの際の摩擦による刺激もなく、体温でするっと溶けるため、使用感はとても良いです! 

 

✔体温で溶けるとオイル状になるため、まつ毛エクステをしている人は、避けるor使用可能なグルーかどうかサロンの方に聞いてみてください。

✔「DUOザ・クレンジングバーム」「ジュエルスキンクレンジングバーム」には、肌の表面を滑らかにし、保護する「ポリエチレン」という成分が入っているため、気になる方はW洗顔をしたほうがいいかも。
(特に肌トラブルはありませんでしたが、気になったので、途中からはW洗顔に変更しました。W洗顔をしたからと言って肌がツッパリすぎることもなく、クレンジング成分のうるおい膜のみ落ちたような仕上がりに。)

 

✔「RMK クレンジングバーム」は、浴室にずっと置いていると隙間から水が入り込むため、保管に注意!

 

クレンジング選びは、スキンケア全体の中でもなかなか難しいアイテムです。今の自分の肌にあった製品を、自分の肌に合う使い方で使用することをおすすめします。

気になる点はありつつも、洗浄力とうるおいの両立は魅力的なクレンジングバーム。クレンジング選びに悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょう。

他ブランドのクレンジングバームを選ぶ際も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

〈掲載商品一覧〉

RMK

【リニューアル前】モイストクレンジングバーム

100g/3,520円(税込)
RMK Division /オンラインショップ・百貨店

D.U.O

ザ・クレンジングバーム

90g/3,960円(税込)
プレミアアンチエイジング /オンラインショップ

ジュエルスキン

【リニューアル前】クレンジングバーム

90g/2,750円(税込)
テオドール /オンラインショップ