洗顔料

敏感肌・乾燥肌ケアに!うるおいを守る洗顔方法と洗顔料の選び方

  • 乾燥肌
  • 保湿・うるおい
  • 敏感肌

敏感肌・乾燥肌だと、洗顔後に乾燥やつっぱりを感じることも多いですよね。

「それなら、洗顔料を使わないで、お湯だけで洗う方がいいかも・・・!」と思うかもしれませんが、敏感肌・乾燥肌でも毎日の洗顔料使用がベストです。

今回は、その理由や洗顔料の選び方を解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

  

洗顔が必要な理由とは?

敏感肌・乾燥肌の人でもクレンジングや洗顔が必要なのは、メイクや埃(ほこり)、肌の汚れをきちんと落とすためです。

私たちの肌は、日常生活を送っているだけでも古い角質や垢、皮脂などが出て、毛穴に溜まっています。
その上、埃や空気の汚れなども付着しているので、そういった汚れはお湯だけでは落とすことができません。

よって、どんな肌質の人でも、クレンジング・洗顔は必要なのです。

洗顔をしなかったり、洗顔料を使わず水やお湯だけで顔を洗っていたりすると、皮脂や角質が毛穴に蓄積し、肌のゴワつきやニキビ、黒ずみ、くすみなどの肌トラブルにつながります。

そして、ターンオーバーの周期の乱れや、バリア機能も低下し、敏感肌・乾燥肌が悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。

  

うるおいを保つ洗顔料の選び方

洗顔で乾燥やつっぱりを感じる場合、洗顔料を変えてみると◎。
どのような基準で選べば良いのかまとめてみました。

  

①クレンジングはクリームかバームタイプ

オイルクレンジングは、メイクオフが簡単にできますが、洗浄力が強いため、普通肌〜脂性肌向き。

敏感肌・乾燥肌には、クリームかバームタイプを選ぶと◎。

メイクをスルンと落とすことができ、テクスチャーは柔らかく、保湿成分なども豊富に入っているため、乾燥が気になりません。

  

②洗顔料は無添加で刺激が少ないもの

洗顔料は、パッケージの良さや泡立ちだけでなく、成分をよく見て選ぶようにしましょう。

石けんの泡立ちを良くするために使われる「合成界面活性剤」は、肌が弱い人には刺激が強すぎる可能性も。「ラウリン酸」も刺激となる場合があるので、入っていない方がベストです。

洗い上がりがマイルドで洗浄力が強すぎない「ステアリン酸」は、植物性の天然由来から生まれた成分で、保湿効果も高く乾燥肌・敏感肌におすすめの洗浄成分です。

中でも、無添加の固形石鹸が◎

合成界面活性剤や防腐剤、着色料や香料など、肌に刺激になる成分を含まないので、毎日安心して使うことができます。

  

③洗顔後は、たっぷりうるおいを

洗顔した後、肌からはどんどん水分・油分が逃げています。
なるべく早くスキンケアでうるおいを与えるケアをしましょう。

保湿成分を含む化粧水やクリームがおすすめです。

  

\うるおいを逃さない/
洗顔のやり方と手順

  

1.メイクした日は必ずクレンジング

メイクをした日は、必ずクレンジングを行いましょう

スチーマーや湯船の蒸気で毛穴を開かせておくとメイク落ちもスムーズに。

目元や口元など化粧品が落ちにくい部位は、ポイントメイクリムーバーなどを使って優しく落としていきます。

  

2.洗顔料はモコモコに泡立てて優しく

洗顔は毎日行うもの。
洗顔料は適量を手に取り、モコモコに泡立てて肌の上を滑らせるように優しく行います。

泡立てネットや手軽にホイップ泡にできる美容グッズを使うと簡単です。

Tゾーンや、忘れがちな顎(あご)の部分も念入りに洗いましょう。

  

3.すぐに保湿を

洗顔後は、速やかに保湿をすることが大事です。

すぐに化粧水・美容液・乳液・クリームをつけ、肌の乾きを防ぎましょう。

お風呂に入る前、もしくは入ったらすぐにクレンジング&洗顔したいという場合は、その後、オイルやシートマスクをつけて湯船に浸かる、という保湿方法もあります。

  

まとめ

「洗顔をするとうるおいが逃げていく」、「乾燥がひどくなる」という心配を持っていても、洗顔料を使うことは大切です。

クレンジングはメイクを落とし、洗顔料には皮脂や汚れを落とすというそれぞれの役割があります。

洗顔料をその後の保湿ケアをきちんと選び、正しいやり方・手順をマスターすれば、カサカサやつっぱりを感じることもないので、ぜひ試してみてくださいね。

  

リアルコスメ厳選
うるおい洗顔料ならこれ!

正しい洗顔方法で、敏感肌・乾燥肌のうるおいを守るには、「洗顔料選び」が鍵。

敏感肌・乾燥肌に人気のブランドの中から、実際に使用感が良かったものを厳選してご紹介します。

  

✔フォームタイプ

#dプログラム
コンディショニングウォッシュ

肌あれを繰り返さない肌を目指す敏感肌向けブランド「dプログラム」の濃密泡洗顔。

きめ細やかな濃密泡が、不要な皮脂や汗、角質などの汚れだけを取り去り、安全性が高くてうるおいを残して洗浄する「ココヤシ由来の選択性洗浄成分(AMT)」を使用。

肌に必要なうるおいは残したまま、気になる毛穴目立ちやザラつきなどを防ぎます。

▷詳細はこちら

 

#ディセンシア
スキンアップ クリームウォッシュ

敏感肌専門ブランド「ディセンシア」の、洗うだけで保湿ケア・エイジングケア・透明感ケアの土台づくりになる洗顔フォーム。

水に溶けやすい特殊な処方により素早く泡立ち、他ブランドとは一味違う、気泡の細かいもっちり豊潤な泡が出来上がります。

また、泡の気泡一つ一つを特殊な膜で包み込み、肌に直接石けん成分の刺激を与えない、優しい洗顔料です。

▷詳細はこちら

 

#アクアフォース
マイルドウォッシュ

オイルカット処方のオルビスによるうるおいケアシリーズ「アクアフォース」。低刺激なアミノ酸系の洗浄成分で、肌にやさしく汚れをオフする洗顔料です。

「うるおいマグネットAQ」を配合し、肌とうるおいを引き寄せる処方で、しっとりモチモチの洗い上がりに。

▷詳細はこちら

   

✔固形石鹸タイプ

#ランリッチ しっとりソープ

「卵殻膜エキス」「卵白エキス」「4種の天然由来成分」「リピジュア®」など、こだわりの成分をたっぷりと含んだトリートメント洗顔石けん「しっとりソープ」

上記の成分は、うるおいを保つ効果にも期待大!赤ちゃんのような健やかなタマゴ肌に導きます。

▷詳細はこちら

 

#ヒフミド ソープ

大手製薬会社 小林製薬のセラミドスキンケア「ヒフミド」の洗顔石けん。ヤシ油、パーム油、パーム核油を原料とした、100%植物性の石けん素地でできています。

汚れや余分な皮脂をしっかり落としつつ、保湿成分もたっぷり含まれていて、しっとりな洗い上がり。
他の固形石けんと比べると泡立ちはよく、ふかふかの弾力泡に!

▷詳細はこちら

 

#エトヴォス
クリアソープバー

ひとつひとつ時間をかけ、丁寧につくられる「エトヴォス」の透明枠練り石けんは、溶けにくく高い保湿力をもちます。

泡立ちが良く、つっぱらず皮脂をとりすぎない洗い上がりなど、独自の処方が魅力的。

こだわりの保湿成分「ヒト型セラミド」、「リピジュア®」でしっかり保湿成分を取り入れながら、「シロキクラゲ多糖体」がバリア機能も整えてくれます。

▷詳細はこちら