クレンジング

〔COLUMN〕「炭酸クレンジング」の魅力と選び方

pic

Vol.1:「〔COLUMN〕炭酸は本当に美容に良いの?その理由とは?」でもご紹介したように、炭酸には様々な美容効果があり、それを活用したスキンケアに注目が集まっています。

今回は、数ある炭酸化粧品の中から「炭酸クレンジング」についてピックアップしてお伝えします。

炭酸とは?

炭酸とは二酸化炭素が水に溶けたもので、以下ような特徴があります。

① 分子が非常に小さい。
② 皮膚から取り込まれると、血管が拡張され血液量が増加。
③ 炭酸(二酸化炭素)が身体の中に入ってくると酸素不足と感じ、酸素供給が増加。
④ タンパク質を吸着する働き。
⑤ 抗菌作用。

 

炭酸の美容効果

上にある特徴から、以下のような美容効果を発揮してくれます。

① 分子が小さいため浸透力が高く、成分を肌深部まで届けることができる。
② 血液量が増加することで、新陳代謝がアップ・肌のターンオーバーが促進され、くすみやゴワつきなどに効果を発揮。
③ メイクや皮脂、古い角質などのタンパク質を吸着し、肌のゴワつきや毛穴よごれを解消。また後に使う化粧水や美容液などの透浸力を高める。
④ 抗菌効果により、肌表面に存在する悪玉菌から肌を守る。
pic

炭酸クレンジングの魅力

毎日おこなうケアの中でも“クレンジング”は重要なスキンケアのひとつです。洗浄力の高さは大前提ですが、そこだけにこだわっていると乾燥トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

とはいえ、洗浄力が控えめなものはメイク汚れが残ってしまい、あとにつける化粧水がしっかりと浸透されず、保湿効果が半減することも。

厚みがティッシュ1枚ほど、と極めて薄く繊細な肌。そんな“肌を守りながら汚れを落とす”という理想に応えてくれるのが「炭酸クレンジング」でしょう。

 

炭酸クレンジングの選び方

炭酸タイプであれば何でもOK!というわけではありません。
数あるクレンジングの中から、以下の条件をクリアしたものを選ぶようにしましょう。

・美容成分が豊富に含まれている。
洗浄成分だけでなく、それ以外の美容成分が配合されていることで、うるおいを残したツルツル肌が実現します。

・W洗顔不要。
せっかくの美容成分も、そのあとに洗顔料でゴシゴシと洗ってしまっては効果が激減してしまいます。
1本で完結するようなW洗顔不要タイプのものを選びましょう。

・クレンジング以外にも機能がある。
今はクレンジングだけでなく、マッサージやパック、角質ケアなどのプラスケアが一緒にできるものも。
毎日使うアイテムなので、より多くの機能を兼ね備えたものを選びたいですね。

・肌にやさしく敏感肌でも抵抗なく使える。
美容成分だけでなく、植物由来の成分や泡の質が高いものなど、肌をいたわりながらケアできるクレンジングを選びましょう。

・水にもこだわっている。
上でも述べたように、炭酸は「二酸化炭素+水」で出来たもの。
そのため、水も重要な配合成分のひとつなのです。ここにもこだわっているものだと、より安心。
68d579581271829cfea70d7832ff248e_s[1]

 

まとめ

毎日のメイクに不可欠な存在である「クレンジング」。そのクレンジング剤にこだわるだけで、肌は間違いなく変化するでしょう。

炭酸泡のクッションや成分で肌をいたわりつつ、積極的に美肌アプローチしてくれる“炭酸クレンジング”は、今後も注目アイテムとなりそうです。

 

参考:肌ナチュール リッチモイストクレンジング

 

 

slider_sparkling

コラム一覧

Vol.1:〔COLUMN〕炭酸は本当に美容に良いの?その理由とは?

Vol.2:〔COLUMN〕「炭酸クレンジング」の魅力と選び方

Vol.3:〔COLUMN〕保湿成分・肌への優しさにこだわった「炭酸クレンジング」