洗顔料

朝洗顔は”ぬるま湯派”?“しっかり派”?しっかり朝洗顔に挑戦してみました。

pic

朝洗顔、どんな風にしてる?

突然ですが、皆さん!毎朝、どんな風に洗顔していますか?
洗顔料でしっかり洗う人、お水(ぬるま湯)ですすぐのみという人、洗わないという人、それぞれかと思います。

もちろん、どれも肌とってメリットがあるのですが、その反面、デメリットもあることは避けられません。

 洗顔料でしっかり洗う

\メリットは/

・寝ている間に溜まった皮脂や汚れをしっかり落とすことができる。

・顔がスッキリし、その後のスキンケアやお化粧がしっかりと入る。

\デメリットも/

・(寝起きの肌はそんなにも汚れていないため)洗い過ぎによる肌の乾燥を招く恐れがある。

・“しっかり”洗顔で皮脂を落とし過ぎると余分な皮脂が過剰に分泌され、黒ずみなどの原因になる。

 

水ですすぐのみ、または洗顔しない

\メリットは/

・皮脂やうるおいを落とし過ぎず、肌に残すことができる。

・忙しい朝に時短で済む。

\デメリットも/

・取りきれない角質が溜まり、角栓の原因に。

・しっかり角質をとらないと、肌のくすみを進行させてしまう。

普段は、ぬるま湯洗顔のライターK・・・上記のような朝洗顔のメリット・デメリット知り、すっかり洗顔難民に。

今回は、“洗顔料でしっかり朝洗顔”を実践してみたいと思います。

 

実際に“しっかり朝洗顔”してみました。

今回は朝専用の洗顔料『マナラウオッシュゲル』を使って洗顔してみます。

image

◇泡立てないジェルテクスチャーなので時短朝洗顔◎

見た目、テクスチャーともにプルプルなジェル。とろみというよりは、みずみずしいタイプの質感ですね。
適量は2プッシュとのこと。滑りがよく、肌全体になじませるには充分な量でした。

10~20秒クルクルとなじませた後、ぬるま湯で10回ほどすすぎます。ヌルヌル感が一切残らず、洗顔料がしっかり落ちたことを実感できました。

image

◇ぬるま湯洗顔の時よりも、その後のスキンケアの浸透感や仕上がりが◎

洗い上がりの肌はモッチモチ!うるおいと弾力を感じます。
しばらくするとサラッとした肌に落ち着きますが、程よい水分が残っているので乾きやピリピリ感はありませんでした。

また、肌に汚れが残ってないので、その後つけるスキンケアのフィット感がぬるま湯洗顔に比べて格段にアップ!

\  結 論  /

洗顔料のしっかり朝洗顔、とてもおすすめです!

朝洗顔をしてみて、使い心地の良さ、仕上がりのモッチリ感、後につけるスキンケアのフィット感すべてが!!

その後、朝洗顔を2週間続けてみると・・・

✔気になっていたニキビがだいぶ落ち着き、肌全体の調子が確実にアップ。
✔透明感が出た。
✔肌がツルッとし、ツヤがアップ。

image

ぬるま湯洗顔に比べて、ワンアイテム増えるので面倒と感じるかな?と思いましたが、ジェルがなめらかに肌を滑る感覚や、洗い上がりのすっきり感など、洗顔料を使うことで得られる気持ち良さの方が断然勝ります。

習慣になったのか、今では朝洗顔せずにはいられません!これからも肌変化を楽しみに続けられそうです♪

これまでの洗顔方法が自分に合っていると思う人はもちろんそのままでOK。
しかし、私のように「今の朝洗顔では肌悩みが増えてくばかり・・でもどうしたらいいの?」という人は、ぜひ“しっかり朝洗顔”をお試しください!

 

今回使ったマナラの洗顔料

image

◇肌を乾燥させない!新発想の朝用洗顔料

point① 美容成分から作られた洗顔料

洗浄成分ゼロを実現。また、美白成分(ハイドロキノン誘導体・ビタミンC誘導体)、コラーゲンサポート成分(高分子コラーゲン・水溶性コラーゲン)、保湿成分(4種のヒアルロン酸・スクワラン・ホホバオイル)など、美容成分を97.5%たっぷり配合。

point② 不要な角質・黒ズミを除去し、毛穴を引き締める

落としにくい毛穴の汚れも『カプセル化パパイン酵素』が角質を柔らかくしてスルンと落とし、肌の生まれ変わりを促進。
また、『アーティチョーク葉エキス』が毛穴をキュッと引き締めます。

point③ 敏感肌にも安心「7つの無添加」

合成香料・着色料・鉱物油・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤・界面活性剤すべてフリー。

image

maNara(マナラ) モイストウォッシュゲル
120ml/3,456円(税込)
株式会社 ランクアップ/公式オンラインショップ
→モイストウォッシュゲル公式サイト

 

kanaco_a