エリクシールはどれがいい? ルフレ・リフトモイスト・ホワイト・アドバンスド “つや玉”スキンケアの違いや年齢別おすすめ種類と選び方

  • アンチエイジング
  • 乾燥肌
  • 保湿・うるおい

 

今回は、“つや玉”で話題の資生堂 「エリクシール」から、スキンケアシリーズ4種類の違いや選び方、おすすめの肌タイプ・肌悩み・年齢層などをご紹介します。

エリクシールのスキンケアはどれがいいの?と迷っている方へ、ぜひご参考になれば幸いです。

 

 

  

エリクシールの“つや玉”とは??

▲最新のリフトモイストはとろっと濃密、
すっと浸透感が高いテクスチャーも魅力

 

資生堂の人気エイジングケアブランド「エリクシール」が打ち出している美肌キーワード“つや玉”とは、“頬の高い位置に光るみずみずしいつや”のことであり、“美しい肌のしるし”だそうです。

実際に、“つや玉”がある肌は、「幸せそうに見える、褒めたくなる」という意見が79%もあるそう。 ※資生堂調べ

 

めざす「つや玉」

✔毎日ある
✔高い位置にある
✔はっきり見える

 

“つや玉”を作るには?

輝くような“つや玉”は、ハリと透明感で満たされた肌が外側から光を受け、内側から反射することで現れます。

そのハリと透明感の鍵となるのが、肌内の“コラーゲン密度”
肌内のコラーゲンは、年齢と共に減少していくため、コラーゲンを生み出し続けることが大切と言えます。

  

エリクシールのスキンケアは、リフトモイスト・ルフレ・ホワイト・アドバンスドの4種類!

最先端のコラーゲン・サイエンスでハリとうるおいが満ちると人気のエリクシールのスキンケア。
「“つや玉”がないかも・・・!」という肌コンディションの時は、まず、基本アイテムである化粧水&乳液からの使用がおすすめです。

スキンケアラインは、全部で4シリーズから選ぶことができます。

 

■エリクシールリフトモイスト:定番のハリ&うるおいライン【2022年秋新発売】

2022年に「エリクシールシュペリエル」からリニューアル進化したのがこちら。
エリクシールが大切にしているうるおい&ハリケアを堪能できる、ベーシックでありながら最先端の“つや玉”スキンケアです。

濃密なテクスチャーは、肌の上でみずみずしくすっと心地よい浸透感に。エリクシールが初めての方にもまずはおすすめしたいラインです。

リフトモイストローションSP Ⅱ
170mL/3,300円(税込)
リフトモイストエマルジョンSP Ⅱ

130mL/3,850円(税込)

トライアルセット:968円(税込)

 

▷詳細をみる

 

 

■エリクシールルフレ:ファーストエイジングケアの毛穴目立ちや水分・油分バランスに

毛穴目立ちなどが気になる20代のアンバランスな肌には、「エリクシール ルフレ」がおすすめ。
皮脂と水分を整える成分配合。毛穴目立ちにアプローチするファーストエイジングケアシリーズです。

水分感たっぷりの化粧水&乳液で、肌をすこやかな状態に整えてくれます。

エリクシール ルフレ バランシングバブル 
165g/1,980円(税込)
エリクシール ルフレ バランシング ウォーターⅡ
168mL/2,750円(税込)
エリクシール ルフレ バランシングミルクⅡ
130mL/3,025円(税込)
トライアルセット:770円(税込)

 

▷詳細をみる

 

 

■エリクシールホワイト:ハリ&うるおいに加えて、シミ予防も

シミ予防の「m-トラネキサム酸」が配合されているエリクシールホワイトは、うるおいとハリに加えて、美白ケアも取り入れたい人におすすめのラインです。

みずみずしさも含んだうるおいとハリ感で満たしてくれます。

クリアローション
170mL/3,630円(税込)
クリアエマルジョン
130mL/4,290円(税込)

トライアルセット:1,078円(税込)

 

▷詳細をみる

 

 

■エリクシールアドバンスド:濃密とろみのエリクシール最高峰エイジングケア

本格的なエイジングケアに特化したタイプを使いたい場合は、ワンランク上のシリーズ「エリクシール アドバンスド」がおすすめ。

とろとろ濃厚なテクスチャーは、エリクシールシリーズの中でもNo.1。すべすべ上質な使用感&仕上がりを堪能できます。 むちっとしたハリ感も。

エリクシール アドバンスド ローション T Ⅱ
170mL/4,180円(税込)
エリクシール アドバンスド エマルジョン T Ⅱ
130mL/4,950円(税込)

 

▷詳細をみる

 

 

おすすめの選び方

●20代で水分油分バランスの乱れや毛穴目立ちなどが気になってきた・・・という人には、初期エイジングケアの「エリクシール ルフレ」

●うるおいとハリケアを念入りに!という人には、2022年に新発売された「エリクシール リフトモイスト」

●うるおいとハリに加えて、美白ケアも取り入れたい!という人には、美白有効成分配合の「エリクシール ホワイト」

●大人の肌へむちっとした濃密なうるおいとハリ弾力感がほしい!という人には、本格エイジングケアの「エリクシール アドバンスド」

がおすすめです。

  

 

エリクシールリフトモイストとホワイトの使用感の違いは?

リフトモイスト(旧:シュペリエル)とホワイト、2つの使用感の違いを化粧水で比べてみました。

どちらもみずみずしさのあるやわらかいとろみテクスチャーですが、新発売のリフトモイストの方が少しとろりと濃密さを感じます。
その分、仕上がりもパンっとハリ&うるおい感が際立つ肌に。

一方で、ホワイトは程よくみずみずしさもあるうるおい感で、透明感が嬉しい印象に。ワントーン明るさもケアしたいときに向いているでしょう。

▷詳細をみる 

 

 

▼2つの違いと選び方について
もっと詳しい記事はこちら

エリクシール シュペリエルとホワイトの違い|化粧水2種類の成分や効果実感で比較しました

  

   

20代・30代・40代・50代・・・年代別におすすめ、エリクシールの種類は?

 

20代には初期エイジングケアのルフレがおすすめ!

・毛穴目立ちが気になる
・水分油分がアンバランスな気がする(混合肌寄り)
・ぷるんとしたみずみずしいハリ肌に整えたい
・そこまで乾燥悩みは強くない

こんな肌悩みが気になる20代の肌には、「エリクシールルフレ」がおすすめです。

20代後半で、少し濃密感や内側からのハリ感を意識したい人は、「エリクシールリフトモイスト」を試してみましょう。

 

 

30代・40代・50代のうるおい&ハリ不足には、進化したリフトモイストがおすすめ!

2022年にリニューアルを経て、「エリクシールシュペリエル」から「エリクシールリフトモイスト」となった主力スキンケアシリーズ。

とろみテクスチャーなのにすっと浸透感が心地よく、みずみずしさも与えてくれるような、うるおいとハリへの満足感が進化!

・乾燥に加えて、小じわやハリの低下が気になる
・うるおいもハリもしっかりケアしたい
・ベタつかない(重すぎない)保湿ケアをしたい

こんな30代からのエイジングケアにぴったりのシリーズです。

もっと濃密なむっちり重めのうるおい感がほしい人は、「アドバンスド」を使いましょう。

 

 

20代後半〜30代以降でシミケアしたいなら、ホワイトがおすすめ!

「エリクシールホワイト」は、リフトモイストやアドバンスドに加えて、軽めのみずみずしいうるおい感と透明感が特長。

シミ予防の「m-トラネキサム酸」が配合されているのは、エリクシールの中でもこちらのホワイトのみです。
年代関係なく、シミ予防を意識したい人にはおすすめ。

もう少し濃密感をプラスしたいときは、乳液だけ「リフトモイスト」や「アドバンスド」に変えてみるのもありかもしれません。

▷詳細をみる

 

  

日中用美容乳液「デーケアレボリューション」は、SPF50の高機能日焼け止め&メイク下地

紫外線は、“つや玉”の敵。せっかく普段のお手入れを頑張っていても、紫外線を浴びることによってスキンケアの効果がマイナスになり得ます。

また、紫外線「UV-A」は、太陽の光の強さで実感できるものではなく、浴びても日焼けや炎症などの肌変化は起こりません。
そのため、“うっかり日焼け”をしてしまっている可能性も。普段から、念入りに日中のUVケアをしておくことが大切と言えます。

真夏も含めて年中安心の日焼け止め機能(SPF50+・PA++++)を備えたエリクシールのUVケア「デーケアレボリューション」

“日中用美容乳液”のため、日焼け止め効果だけでなく、美容液に値する美容成分を配合しています。
「UVケアしながら美白も!」という時には、「ホワイト」がおすすめでしょう。

化粧水の後、乳液の代わりにこれを塗布するだけで、美容液・乳液・UVケア・化粧下地までを完了できるという、時短ケアにも優れた一品ですよ。

▷詳細をみる

 

   

「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム」は、小じわやほうれい線ケアのシワ改善美容液

資生堂は、約30年間に及ぶ「レチノール」研究のもと、日本で唯一の有効成分「純粋レチノール」による新効能“しわ改善”における承認を取得しました。

「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム」は、そんな頼もしい有効成分が配合されたシワ改善美容液。
肌自らが「ヒアルロン酸」を生み出し、水分量を増やすことで肌をやわらかに。目元・口元のしわを改善する薬用クリームです。

▷詳細をみる

 

  

エリクシールのスキンケアレシピ(組み合わせ)リアルコスメのおすすめはこちら!

01 美白ケアにもっとうるおい感をプラスしたいなら…
エリクシールホワイト+ジェルパック

「美白ケアに切り替えたいけど、保湿感が物足りないか心配・・・」という場合は、エリクシールホワイトに、夜だけ『スリーピングジェルパックW』をプラスしてみましょう。

スリーピングジェルパックWは、夜、スキンケアの仕上げにぷるぷるジェルを塗って寝るだけの簡単スペシャルケア。

翌朝、吸い付くようなハリ&うるおい感にメイク前の気分も高まるでしょう。“つや玉”を手に入れるためにも近道となるスペシャルアイテムかもしれません。

▷詳細をみる

 

 

02 美白ケアを念入りにしたいなら…
エリクシールホワイトのライン使い!

「うるおいに加えて、透明肌を整えておきたい!」という人には、エリクシールホワイトの化粧水・乳液に加えて、日中用美容乳液のライン使いを。

上にも述べたとおり、どれ程念入りなスキンケアをしていても、紫外線によってシワ・たるみ・くすみなどは進行します。

そのため、夜の美白ケアに加えて、日中のUVケア対策をしっかりしておけば、怖いものなし!理想の透明肌を実感できるはず。

 

 

▷詳細をみる

 

エリクシール スキンケアの違い&選び方まとめ 

いかがでしたか?
やはり、エリクシールのスキンケアといえば、最新&王道の「エリクシール リフトモイスト」でしょう。

ですが、気になる肌悩みや使い心地、年代などからお気に入りのラインが見つかるといいですよね。

 

「エリクシール ルフレ」
└20代で水分油分バランスの乱れや毛穴目立ちなどが気になってきた・・・という人、初期エイジングケアのライン。

「エリクシール リフトモイスト」
└うるおいとハリケアを念入りに!という人へ、2022年に新発売の王道ライン。

「エリクシール ホワイト」
└うるおいとハリに加えて、美白ケアも取り入れたい!という人へ、美白有効成分配合のライン。

「エリクシール アドバンスド」
└大人の肌へむちっとした濃密なうるおいとハリ弾力感がほしい!という人へ、本格エイジングケアライン。

 

美肌の象徴である“つや玉”を手に入れて、みずみずしくも濃密なうるおいとハリ感、透明感をキープしましょう! 

  

 

エリクシールの人気記事

#エリクシールはどれがいい? ルフレ・リフトモイスト・ホワイト・アドバンスド “つや玉”スキンケアの違いや年齢別おすすめ

#エリクシール シュペリエルとホワイトの違い|どっちを選ぶ?化粧水2種類の成分や効果実感で比較しました

#エリクシールのライン使いを順番に解説!おすすめの使い方やスキンケアの効果実感まで詳しくレビュー

#エリクシールのエイジングケアシリーズ シュペリエル 2022年リニューアルのリフトモイスト 化粧水&乳液をレビュー

#エリクシールホワイトをライン使い 効果や使う順番、おすすめ年齢まで人気美白&エイジングケアをレビュー

#エリクシールで混合肌におすすめのルフレ 毛穴&ファーストエイジングケアの化粧水から乳液までレビュー

 

   

エリクシールのスキンケアまとめ

エリクシール ルフレ

エリクシール ルフレ バランシング ウォーターⅡ
168mL/2,750円(税込)
エリクシール ルフレ バランシングミルクⅡ
130mL/3,025円(税込)

トライアルセット:770円(税込)

▷詳細をみる

 

エリクシール リフトモイスト

リフトモイストローションSP Ⅱ
170mL/3,300円(税込)
リフトモイストエマルジョンSP Ⅱ

130mL/3,850円(税込)

トライアルセット:968円(税込)

▷詳細をみる

 

エリクシール ホワイト

クリアローションT Ⅱ(しっとり)
 170mL/3,630円(税込)
クリアエマルジョンT Ⅱ(しっとり)
130mL/4,290円(税込)

トライアルセット:1,078円(税込)

▷詳細をみる

 

エリクシール アドバンスド

エリクシール アドバンスド ローション T Ⅱ
170mL/4,180円(税込)
エリクシール アドバンスド エマルジョン T Ⅱ
130mL/4,950円(税込) 

▷詳細をみる