季節の変わり目におすすめスキンケア|辛い肌荒れの原因や予防法、スキンケア選びは?

PR

季節の変わり目は、肌荒れを感じやすい時期。かゆみやかぶれ、ヒリヒリやぶつぶつなど・・・乾燥肌・敏感肌でお悩みの私たちにとって辛い時期ですよね。これらの症状を総称して「ゆらぎ肌」とも言うのだそう。

今回は、季節の変わり目に起こる肌荒れの主な症状や原因、対処法などを紹介します。肌荒れの知識を取得し、季節の変わり目に負けない、健やかな肌を目指しましょう。

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと
※透明感:うるおいによる
※くすみ:乾燥による肌印象 
※エイジングケア:年齢応じたケア

  

季節の変わり目の肌荒れ

季節の変わり目に起こる様々な不調。どんな肌荒れの症状があるのでしょうか?
代表的な肌荒れの種類をご紹介します。

 

乾燥によるカサカサ

やはり季節の変わり目に気になるのが乾燥。
いつも以上に肌が乾燥してカサカサになるのは、大気が乾燥しているからというだけでなく、保湿不足やバリア機能の低下で肌がうるおいを保持出来なくなっていることも原因です。

 

肌がピリピリする

肌がかゆくて、ヒリヒリ・ピリピリするなど、いつも使っているスキンケアアイテムが合わないと感じる人もいます。

 

肌がかぶれる

炎症がひどくなると、肌がかぶれて赤くなることも。これは、バリア機能がかなり低下している証拠です。

 

ニキビができやすくなる

季節の変わり目は、ニキビも出来やすい状態。
水分と油分の量の調整が難しくなることが原因だと言われています。

  

季節の変わり目の肌荒れ|原因と対処法

✔気温と湿度の変化

→湿度の調整をしましょう。

季節の変わり目には、気温と湿度の急激な変化が起こります。その変化に肌もついていくことが出来ないため、肌荒れしやすくなります。
この肌荒れは、肌のバリア機能の低下によるもの。

気温は日々変動し、自分の力でどうにかするには限界があるので、湿度に気を配っていきましょう。乾燥が気になったら、スチーマーや加湿器を取り入れるのも◎。
季節ごとにスキンケアアイテムを吟味して、肌トラブルに対処されることをおすすめします。

 

✔紫外線のダメージ

→UVケアは年中必須。

夏に受けた紫外線のダメージが出てくるのが、季節の変わり目である秋です。
秋になると朝晩は涼しくなりますが、日中の紫外線量は多いまま。UVケアを油断してしまうと、乾燥やシワ・たるみ、シミなど肌に影響がでてきます。

紫外線対策は年間通して行うものだと意識して、日焼け止めや化粧下地をしっかり塗り、さらに予防策としては、飲む日焼け止めや日傘などを使いましょう。

 

✔花粉・アレルギー

→デリケート肌にも安心して使えるスキンケアを常備。

春と秋の季節の変わり目には、草花の花粉によるアレルギーが出やすい季節。また、黄砂やPM2.5や寒暖差などのアレルギーの人もいます。

アレルギーは、鼻や喉だけに症状が出るわけでなく、肌にかゆみやぶつぶつ、かぶれなどができる人も多いです。アレルギーによる肌荒れの場合は、抗アレルギー剤の活用が効果的!
それと合わせて、肌の状態がデリケートな時にも安心して使えるスキンケアアイテムを揃えておくといいでしょう。

 

✔環境の変化

→自律神経の乱れには、リラックスを。

就職や転職、人事異動など、季節の変わり目に仕事環境の変化がある人は、そのストレスが原因でニキビや炎症などの肌荒れが出ていることも。
慣れない環境で生活するストレスにより自律神経が乱れることは、肌にとってもよくありません。

そんな時は、香りのよいアイテムでスキンケアをするのがおすすめです。
また、ハーブティーもリラックスタイムにピッタリ。

  

季節の変わり目の肌荒れ|スキンケアの選び方・スキンケア方法

#01 成分にこだわったスキンケア選びを

化粧水や乳液など、基礎化粧品の成分などもこだわって選ぶようにしましょう。無添加処方で肌に優しいブランド、バリア機能に特化した高保湿なブランドを選択するのがおすすめ。
また、肌にのせてみて不快感がある場合は、季節の変わり目だけでも敏感肌用アイテムに切り替えてみるのもひとつでしょう。

 

#02 とにかく保湿ケアで乾燥肌を防ぐ

肌のバリア機能の低下を防ぐには、保湿ケアが最も大事です。いつものケアだけで保湿力が足りない場合は、オイルやクリームなどをプラスし、肌にうるおいを閉じ込めるケアを心がけましょう。
化粧水もたっぷりと、シートマスクをイメージしてヒタヒタにのせるのがおすすめです。

 

#03 食生活にも気を配りましょう

普段の食事から栄養素をしっかり摂ることで、季節の変わり目にも肌荒れを感じにくい「変化に強い肌」へと導いてくれます。

 

#04 ストレスを溜めない

ストレスは、肌にとっても大敵!ストレスを溜めないように毎日の生活の中で自然と心がうきうきすること、楽しいことに目を向けていくといいでしょう。
ウォーキングやヨガなど軽めの運動も効果的です。

 

#05 睡眠をしっかりとる

寝ている間に、肌は日中受けたダメージを修復したり、新しい細胞を生み出したりしています。
睡眠環境を整えて、しっかりと眠ることで肌も元気に。

  

季節の変わり目の肌荒れにおすすめスキンケア7選

#ノブ Ⅲ バリアコンセントレイト

ノブⅢ(NOVⅢ)
バリアコンセントレイト
30g/5,500円(税込)

トライアルセット:1,650円(税込) 

ノブの社員も一人一本常備してる!と言われる、セラミド配合の肌荒れ救世主美容液。クリームタイプで、カサついた肌にもすんなりなじむ心地よさです。

▷詳細をみる

 

#dプログラム

dプログラム
モイストケアローションMB
125mL/3,740円(税込)

モイストケアエマルジョンMB
100mL/4,070円(税込)

トライアルセット:1,100円(税込) 

資生堂の敏感肌向けブランド「dプログラム」は、“ときどき敏感肌”に向けた低刺激&バリア機能を整える高機能な処方が魅力!肌荒れ予防の有効成分も配合されており、肌の荒れやすい季節の変わり目にもピッタリのスキンケアです。

肌悩みによって5種類のシリーズ(保湿、ニキビ、毛穴、美白、エイジングケア)に分かれています。

▷詳細をみる

関連記事:dプログラムはどれがいいの?化粧水を比較してみた違いや選び方、おすすめの1本はこれ!

 

#アルージェ モイスチャーフォーム

アルージェ
モイスチャーフォーム

100mL/1,430円(税込)
 

製薬会社にしかできない敏感肌ケアにこだわりをもつ「アルージェ」。
人気の泡洗顔「モイスチャーフォーム」は、肌荒れ防止有効成分を2種を配合して肌荒れを予防しつつ、セラミドなど3種の保湿成分でしっとり柔らかな肌に洗い上げます。

▷詳細をみる

 

#ディセンシア クリーム

ディセンシア
ディセンシア クリーム

30g/6,380円(税込)
 

ディセンシアシリーズの軸となるアイテムであるディセンシアクリームは、“整っている角層”へと導く「角層クリーム®」。角層を整えることで、敏感肌のバリア機能をサポートします。

コクもあり、みずみずしさもある水分バランスのいいクリーム。ぷるっとハリ感のある肌になり、保護感の高さを実感できます。

▷詳細をみる

 

 

#HABA 高品位スクワラン

ハーバー(HABA)
高品位 スクワラン
15mL/1,540円(税込)

トライアルセット:1,540円(税込)

HABAのロングセラー商品のスクワランオイル。
1滴、手持ちのスキンケアに混ぜるだけでもバリア感を高めてくれるような頼もしい一品です。

▷詳細をみる

 

 

#dプログラム アレルバリアエッセンス

dプログラム
アレルバリア エッセンスN

40mL/3,300円(税込)
 

資生堂の“ときどき敏感肌”のためのスキンケアブランド「dプログラム」の肌荒れ対策エッセンス(美容液・日焼け止め・化粧下地)。
UVだけでなく、PM2.5や花粉をカットしてくれる効果もあり、まさに季節の変わり目に使いたいアイテムです。

▷詳細をみる

 

#エトヴォス ミネラルインナートリートメントベース

エトヴォス
ミネラルインナートリートメントベース
25ml/4,950円(税込)

パーフェクトキット:1,980円(税込)

肌荒れ時には、軽めの質感&クレンジングいらずのベースメイク・ファンデーションもポイントに。
エトヴォスの大人気のミネラルインナートリートメントベースは、薄付きなのに素肌からきれいに見せてくれる優秀品です。

▷詳細をみる

  

季節の変わり目の肌荒れまとめ

季節の変わり目のスキンケア選びは肌荒れ対策の重要なカギとなりそうです。
季節の変わり目の肌に必要なのは、攻めのケアでなく守りのケア。

また、日常生活を丁寧に送り、ストレスを溜めないようにして、肌状態をよく観察しながらご自身の肌に合ったスキンケアアイテムを使うと良いと思います。
クリームやオイルでバリア機能を高めたり、ベースメイク品を工夫してみたりなど、いつもとは違ったお手入れで季節の変わり目を乗り切りましょう!

体調の変化や肌老化も感じやすい時期なので、肌のゆらぎを見逃さないようにし、その時々に合わせたセルフケアを心掛けていってくださいね。

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと
※透明感:うるおいによる
※くすみ:乾燥による肌印象 
※エイジングケア:年齢応じたケア

関連記事